こちらCSR革新室

こちらCSR革新室

バックナンバー一覧

【セミナー開催】2014年度版 日本における統合報告~事例から見る課題と今後の可能性~

イメージ

IIRCが国際統合報告フレームワークを公表してからもうじき1年が経ちます。それ以前の2011年の時点では「統合報告書」を発行した日本企業はおよそ30社でしたが、2013年には100社近くまで増加しました。そして2014年、「統合報告書」はどこまで拡がりを見せているのでしょうか。

質的にも、アニュアルレポートとCSRレポートを合冊した形態から、財務情報だけでなく環境・社会に関する非財務情報を経営に組み込む「統合思考」を反映したものへと進化している様子がうかがえます。

今回のセミナーでは、2014年度版の日本における統合報告について、全体像と特徴的な動向をお伝えいたします。

国際統合報告評議会テクニカルタスクフォースメンバーとして国際統合報告フレームワーク開発に参画した森 洋一氏をお招きし、今期の企業報告の対応状況や投資家はどのような見解を持っているか等についてご講演いたただきます。

さらに2014年度版の日本の統合報告書について、IIRCのフレームワークに基づき株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス)が独自に調査した優良事例をご紹介させていただき、現状の課題や今後の可能性について森氏にコメントをいただきながら理解を深めていきます。


    講師:森 洋一氏

    一橋大学経済学部卒業後、監査法人にて会計監査、内部統制、サステナビリティ関連の調査研究・アドバイザリー業務を経験。2007年に独立後、政策支援、個別プロジェクト開発への参加、企業情報開示に関する助言業務に従事。日本公認会計士協会非常勤研究員として、非財務情報開示を中心とした調査研究を行うとともに、国際統合報告評議会(IIRC)技術部会(TTF-Technical Task Force)メンバーとして国際統合報告フレームワーク開発等に参画。


セミナー「2014年度版 日本における統合報告」終了しました


【開催概要】
日時 : 2014年10月31日(金) 15:30~18:00 (受付15:00~)
会場 : 株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス) 本社 5階
    (東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷)
    http://www.c-gp.com/company/access/
    東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より 徒歩3分
参加費 : 3,000円(税込)
定員 : 40名

【プログラム】

15:30~ ご講演 「2014年の統合報告の全体像と特徴」
講師:公認会計士、IIRCテクニカルタスクフォースメンバー 森 洋一氏

  • 統合報告による企業報告の変化
  • 投資家ニーズへの対応
  • 日本版スチュワードシップコード、ガバナンスコードとの関係
  • 実務・制度上の課題

16:30~ 調査報告 「2014年度版統合報告の事例分析」
スピーカー:株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス) CSR革新室 コンサルタント 原口 悠

17:10~ ディスカッション 「日本における統合報告の課題と今後の可能性」
登壇:森 洋一氏
   株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス) CSR革新室 アドバイザー 山吹 善彦
                  同 コンサルタント 原口 悠

お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。


フォームにアクセスできない場合は、お手数ですが下記問い合わせ先にご連絡をお願いいたします。
【お問い合わせ】株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス)CSR革新室 渡邉
email:info(a)c-gp.com tel:03-6902-2006
※(a)を@に変更のうえ送信してください。
※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合もございます。

主催:株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス)

「CSR革新室」とは?

YUIDEA
「CSR革新室」とは、CSRコミュニケートを運営する株式会社YUIDEA(ユイディア)内にある1つの部署です。よりよい社会づくりに貢献すべく、企業のCSR活動、CSRコミュニケーションの革新を支援しています。

関連するページ

このページの先頭へ