こちらCSR革新室

こちらCSR革新室

バックナンバー一覧

【7月16日-17日】マテリアリティ特定 個別相談会

2016年1月1日以降発行分のレポートから、GRIガイドラインを利用する場合は、GRIガイドライン第4版(以下、G4)を用いなければなりません。このG4はグローバルコンパクト、OECDなど国際機関はもとより、ISO、IIRCとの相互協力により、グローバルに求められる企業の非財務情報について折り込まれており、企業の非財務/サステナビリティ情報の開示においてその位置づけがますます重要になろうとしています。

そしてG4では準拠状況についての開示が求められますが、「中核」、「包括」といった準拠レベルについて宣言するにはマテリアリティ(重要課題)の特定が必須となります。

その流れは「特定」、「優先順位付け」、「妥当性確認」、「レビュー」、そして「DMA(マネジメントアプローチに関する開示)」とシンプルではありますが、それぞれ具体的に実行していこうとすると意外と戸惑いが生じます。
そこで、特定の過程でお悩みのあるご担当者様や、これから取り組む上で疑問点等があるご担当者様向けに、マテリアリティ特定についての個別の相談会を開催します。

この相談会を通して、取り組んでいる中で生じた様々な疑問やお悩みが解決されると幸いです。


当相談会のポイント
  • G4が意図している「マテリアリティ」のポイントがわかる
  • マテリアリティ特定プロセスで注意すべきポイントがわかる
特典

2015年3月にGRIとスイスのSRI格付機関であるRobecoSAM社が共同で、「マテリアリティを定義する:レポート報告者と投資家にとって重要なこと」と題する報告書を発行しました。本相談会にお越しいただいた皆様にはこの内容についての当社の見解を述べたレポートを当日、説明も交えつつご提供いたします。


マテリアリティ特定 個別相談会 申込はこちら

※受付は7月10日(金)18:00に〆切らせていただきます。

【開催概要】
日時 : 2015年7月16日(木)・17日(金) 各回1社75分
     1)10:00~11:15
     2)11:30~12:45
     3)14:00~15:15
     4)15:30~16:45
     5)17:00~18:15
会場 : 株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス) 本社 5階
    (東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷)
    http://www.c-gp.com/company/access/
    東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より 徒歩3分
    春日通り沿い バス停「小日向四丁目」前
費用 : 税込8,800円/回(1社3人まで)
講師 : 株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス) コミュニケーション革新部長 
対象 : 企業のCSR・経営企画部などマテリアリティ特定に取り組まれている方


【プログラム】

  • マテリアリティ特定の基本概念(15分)
  • 各企業の状況に応じた特定プロセスに関するディスカッション(60分)

2015年度に開催するセミナーはこちらで一覧できます。


【お問い合わせ】株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス) CSR革新室
email:info(a)c-gp.com tel:03-6902-2006
※(a)を@に変更のうえ送信してください。
※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合がございます。

主催:株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス)

「CSR革新室」とは?

YUIDEA
「CSR革新室」とは、CSRコミュニケートを運営する株式会社YUIDEA(ユイディア)内にある1つの部署です。よりよい社会づくりに貢献すべく、企業のCSR活動、CSRコミュニケーションの革新を支援しています。

関連するページ

このページの先頭へ