CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

再生可能エネ買い取り、民間負担は最大年8200億円─経産省試算

経済産業省は3日、太陽光など再生可能エネルギーの全量買い取りに関するプロジェクトチームの会合を開き、制度を導入した場合の普及量や負担額の試算を公表した。民間の負担は15年間、1キロワット(KW)当たり20円とした場合に最大で年間8227億円に上る。太陽光発電と合わせると、最大で月額300円以上の値上がりとなる。

09年度から太陽光発電では余剰電力のみを買い取っているが、試算では風力、地熱、水力、バイオマスの計5分野も加えた。買い取りの金額や買い取り期間に応じ、9パターンの試算を提示した。経産省はこの試算を踏まえ、3月末までに電力料金への上乗せ額を示した複数の選択肢を提示する。

(オルタナ・プレミアム 2010年3月第3木曜発行号掲載)

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

このページの先頭へ