CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

重量500キロ切る電気自動車を製作─帝人

帝人は3月30日、重量が500キログラムを切る電気自動車「PU_PA(ピューパ)EV」を製作したと発表した。同社の顧客である自動車メーカーや部品メーカーに向けて同社の技術力をアピールし、新たなニーズや共同開発の方向性を探るのが狙いだ。

「ピューパ」は2人乗りで重量は437キロ。最高時速は60キロで、1回の充電で100キロの走行が可能だ。同社が得意とする炭素繊維複合材料を使用して軽量化を実現したほか、様々な部品に同社製品を活用した。同社ではエコカーの普及を見据えて素材技術の開発に取り組んできた。今回の試作を通じて同社の技術を「見える化」することで、より具体的な顧客ニーズを掘り起こす。

(オルタナ・プレミアム 2010年4月第3木曜発行号掲載)

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ