CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

災害時電源にEV 京都府、三菱自動車ほかと協定

イメージ

EVを電源に投光器を使用(三菱自動車
工業プレスリリースから引用)

京都府と三菱自動車工業ほか4社はこのほど、府内で大規模災害が発生した際の応急対応などに使用する電源として、府が4社にEV(電気自動車)と給電装置の無償貸与を要請できる協定を締結した。

無償貸与の対象となるのは、三菱自動車の乗用車EV「アイ・ミーブ」と同商用車「ミニキャブ・ミーブ」の計25台で、EVに蓄えられた電力を交流100Vの電源として取り出すニチコン社製給電装置「ミーブ パワーボックス」も同時に貸与される。同EVがフル充電した場合、1500Wで約5~6時間の連続使用が可能という。

貸与期間は1週間で、移動可能な非常用電源としてEVを活用する協定を自治体と企業が締結するのは全国で初めてとしている。(オルタナ編集部=斉藤円華)

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ