CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

「今度こそマグロ資源の徹底管理を」――WCPFCに対して環境NGOらが提言

イメージ

人工集魚装置(FAD)について動画を使って
解説するPewのアダム・バスケ氏

8月27日から3日間、WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)のワーキンググループの会合が都内で開かれる。それに先立ち、グリーンピース、WWF、米国の民間財団「Pew慈善団体」の3者は、WCPFCとその加盟政府に、マグロ類の有効な保護策の確立を求める提言をした。特にメバチマグロの状況は深刻で、このままではクロマグロの二の舞になりかねないと訴えている。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

大西洋のクロマグロはすでに絶滅危惧種だが、太平洋のクロマグロの個体数も、乱獲によって未開発時の4%以下に落ち込んでいる。メバチマグロについては、2週間前に開催されたWCPFCの科学委員会が、現在の管理体制では過剰漁業は止められないという見解を示した。

中西部太平洋は世界最大のマグロ漁場。そこで獲れる熱帯マグロ4種の中で最も多く獲られているのがメバチマグロだ。25の国と地域が加盟するWCPFCは、これまでも、メバチマグロの漁獲量削減のための数値目標を掲げていた。しかし成果は出ず、2012年のメバチマグロの漁獲量は過去最大となった。

成熟の遅いマグロ類の減少に拍車をかけているのが、人工集魚装置(FAD)を使った巻き網漁の増加だ。カメやサメまでもおびき寄せるFADは、マグロ類の幼魚も無差別に漁獲させる。

FAD依存型の大型漁船によるマグロ漁を続けている米国やEUに比べれば、日本の巻き網漁はFAD依存度を下げた操業に成功しているという。だが、その一方で、日本はメバチマグロの世界最大の市場であり、流通している刺身用のメバチマグロとキハダマグロの80%が日本向けである。

WWFジャパンの山内愛子・水産プロジェクトリーダーは、「WCPFCの過去の失敗は、小さな島国が多い海域で管理しにくい上に、ルールを遵守させる対策が不十分だったことが原因」と語り、「今回こそ科学的根拠に基づく徹底した管理措置の合意を」と、27日からの会合に期待を込めた。

グリーンピース・ジャパンの花岡和佳男・海洋生態系問題担当は、「資源の回復を図り、マグロ漁と関連産業を継続するためには、小売店や消費者側の意識変革も不可欠」と話した。

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

このページの先頭へ