Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【米国】ESGサービス提供のMSCI ESG Research、2015年に記録的な売上増加

イメージ

米MSCIとそのESG調査機関であるMSCI ESG Research社は3月15日、2015年のESG関連売上が対昨年比で33%増加の3,800万米ドルに拡大、運用会社世界トップ50のうち47社を顧客としたことを発表した。売上の増加率は過去最高だという。

MSCIは機関投資家や事業会社向けにESGのための幅広いサービスを提供している。MSCIのESG格付サービスでは、独自の手法を用いて企業のESG度合いを格付している。今年3月にはファンドのポートフォリオ全体のESG評価するサービスも開始した。また、ファンドマネージャー向けにESG優良銘柄のみを集めたMSCI ESGインデックスの提供も行っている。その他にも、ESGスクリーニングを実施するためのツールや企業の炭素排出量を比較計測するツールの提供も行っている。ESGの専門チームによるリサーチ・コンサルティングのサービスもある。

参加した証券取引所は、米国6取引所(ニューヨーク証券取引所、NASDAQ、シカゴオプション取引所、私設電子取引所BATS、私設電子取引所IEX、IFC Treasury)、英国ロンドン証券取引所、トロント証券取引所、ドイツ証券取引所、スイス証券取引所、ユーロネクスト・パリ、ユーロネクスト・アムステルダム、ユーロネクスト・ブリュッセル、ユーロネクスト・リスボン、イタリア証券取引所、ブカレスト証券取引所など欧米の主要取引所の他、オーストラリア証券取引所、香港証券取引所、ボンベイ証券取引所、ヨハネスブルク証券取引所、イスタンブール証券取引所、エジプト証券取引所など他の地域からも賛同し、参加した証券取引所は世界中で34にのぼった。

昨年12のCOP21以降、ESG投資の世界的潮流は活発な様相を見せている。欧州ではESG投資に関する規制が進んでおり、アジアでは証券取引所のESG情報公開の動きも加速している。また、米国においてもERISA法におけるESG統合の法的見解が整理されるなど、今後も金融機関のESGの取り組みが増々高まっていく見込みだ。

MSCIの発表によると、以下の大手機関投資家が2015年に同社のESGサービスの活用を開始している。

 •Allianz Group

 •BMO Global Asset Management

 •Environment Agency Pension Fund

 •Kempen Capital Management

 •Legal and General Investment Management

 •M&G Investments’ Equities business

 •Manulife Asset Management

 •Mercer Investments

 •Merrill Lynch

 •Metzler Asset Management

 •Morgan Stanley

 •野村アセットマネジメント

 •Northern Trust Asset Management

 •PIMCO

 •Privatbank Berenberg (Joh. Berenberg, Gossler & Co. KG)

 •Queensland Investment Corporation

 •RBC Global Asset Management

 •Sun Life Investment Management


【参照プレスリリース】Record Year of Growth for MSCI ESG

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

2016/3/24
Sustainable Japan

    Sustainable Japan

    イメージ

    Sustainable Japanは、世界のサステナビリティ活動に関する情報を日本語でお届けするオンラインメディアです。これまで日本国内であまり紹介されてこなかった、海外の事例や海外の考え方に焦点を置き、サステナビリティに不可欠な3つの要素(環境・社会・経済)の統合に向けた取組をお届けしています。

    Sustainable Japanのホームページはこちら
    Facebook
    twitter

このページの先頭へ