Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【国際】GRI、人権関連スタンダードの見直しや税の透明性スタンダードの新設作業を開始

イメージ

サステナビリティ報告国際ガイドライン世界大手GRIは
12月18日、独立基準設定機関Global Sustainability Standards Board(GSSB)の現在のGRIスタンダード改定作業状況を
発表した。



GRI303:水

水に関する国際基準の最新動向を踏まえた内容変更と、「GRI306:排水と廃棄物」の廃水に関する規定を「GRI303:水」に移し、「GRI303:水と排水」に再編する内容での改定を進行中。

第1回パブリックコメント募集を今年8月10日から10月9日まで実施。フィードバック内容とその後の原案変更を踏まえ、第2回パブリックコメント募集を2017年12月20日から2018年2月18日まで実施する。

GRI403:労働安全衛生

労働安全衛生における世界初の国際規格となる「ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)」、ILOや世界保健機関(WHO)の規定、国連持続可能な開発目標(SDGs)の内容に沿う改定を進行中。

第1回パブリックコメント募集を今年8月10日から10月9日まで実施。現在フィードバック内容の確認作業を実施中。

GRI 201:経済的パフォーマンス、GRI 202:市場での存在感、GRI 203:間接的な経済影響

2017年3月21日と22日のGSSB会議で、「GRI 201:経済的パフォーマンス」「GRI 202:市場での存在感」「GRI 203:間接的な経済影響」の改定作業を開始を決定。いずれも現行版の原型は2006年のGRI G3ガイドライン以来変わっていないため、以降の国連グローバル・コンパクト(UNGC)、国連持続可能な開発(SDGs)、OECD多国籍企業行動指針(OECDガイドライン)に沿う改定を行う。

現在、プロジェクト・ワーキング・グループ(PWG)を組成中。

人権関連スタンダード

GSSBは2017年5月、GRIスタンダード全体の人権関連規定を見直すことを決定。同9月、臨時テクニカル委員会を任命した。委員には、経済協力開発機構(OECD)、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)、国際経営者団体連盟(IOE)、OECD労働組合諮問委員会(TUAC)、Centre for Environmental Rights、Shift、Nordic Law Group等の専門家が就いている。

改定作業は、第1段階でGRIスタンダード全体の人権規定見直し、第2段階で個別のスタンダードの改定や必要に応じてスタンダードの追加を検討する。まず第1段階作業での原案作成を2018年1月から6月まで行う。その後GSSBが原案レビューを行う予定。

税の透明性スタンダード

GSSBは今年5月、税の透明性に関するスタンダードの新設検討開始を決定。すでにテクニカル委員会が任命されており、国連責任投資原則(PRI)、Public Services International、Tax Justice Network、リオ・ティント、ボーダフォン、MFSインベストメント・マネジメント等の専門家が委員に就いている。

【参照ページ】
2017 in Review: the GRI Sustainability Standards One Year on

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら]

2017/12/29
Sustainable Japan

    Sustainable Japan

    イメージ

    Sustainable Japanは、世界のサステナビリティ活動に関する情報を日本語でお届けするオンラインメディアです。これまで日本国内であまり紹介されてこなかった、海外の事例や海外の考え方に焦点を置き、サステナビリティに不可欠な3つの要素(環境・社会・経済)の統合に向けた取組をお届けしています。

    Sustainable Japanのホームページはこちら
    Facebook
    twitter

このページの先頭へ