Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【フランス】グーグル、SAP、トヨタ自動車、フランスへの大規模投資計画を発表

イメージ

仏マクロン大統領は1月22日、ヴェルサイユ宮殿にグローバル企業140社のトップを招き、フランスへの投資促進会合を開いた。会合のスローガンは「Choose France」。ビジネス振興政策を打ち出すマクロン大統領の出現により、フランスでは現在、ITベンチャー企業が興隆してきている。同会合では、複数のグローバル企業が大規模なフランスへの投資を表明した。

米グーグルは、チューリヒに次ぎ欧州2番目となる人工知能センターを数週間以内にパリに設立すると発表。現在グーグルは、2019年までにパリでの雇用数を360人追加して700人強に増やす計画を進めており、人工知能センター設立もその一環。さらに、デジタルスキル研修センター「Google Hubs」をレンヌ他計4ヶ所に設立する。レンヌのセンターだけで毎年10万人に研修を提供する。

独SAPは、今後5年間で20億ユーロをフランスに投ずると発表。スタートアップ50社以上をインキュベートすることや、毎年R&Dに1億5,000万ユーロを投資することなどが主な内容。クラウド、機械学習やIoT等の開発も支援する。

トヨタ自動車も、フランス北部のバランシエンヌ工場に400億円程度を追加投資すると発表。2019年までに主力ハイブリッド(HV)小型車「ヤリス」のモデルチェンジを進め、欧州で需要が高まるハイブリッド車人気に対応していく。

また、フェイスブックも、フランスに設置した人工知能研究施設に対し1,000万ユーロを追加投資し、研究を加速させる。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら]

2017/01/27
Sustainable Japan

    Sustainable Japan

    イメージ

    Sustainable Japanは、世界のサステナビリティ活動に関する情報を日本語でお届けするオンラインメディアです。これまで日本国内であまり紹介されてこなかった、海外の事例や海外の考え方に焦点を置き、サステナビリティに不可欠な3つの要素(環境・社会・経済)の統合に向けた取組をお届けしています。

    Sustainable Japanのホームページはこちら
    Facebook
    twitter

このページの先頭へ