Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【EU】欧州委、マネーロンダリングの高リスク23カ国・地域リスト案公表。高いデューデリ義務化

イメージ

欧州委員会は2月13日、マネーロンダリング及びテロ資金供与の高い23カ国・地域のリスト案を公表した。EUマネーロンダリング指令(AML)の適用対象となっている金融機関は、23カ国の個人や法人による金融取引に対しては、リスク・デューデリジェンスの度合いを上げることが義務化される。

今回のリストは、加盟国との協議を経て作成したロングリスト54カ国を詳細調査し、23カ国・地域を最終的にリスト案に掲載した。詳細調査では、EU金融システムへのシステミックインパクト、国際通貨基金(IMF)が過去に審査、EUとの密接な経済関係のいずれかに抵触すると判断された。マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)の提言も考慮された。

  • アフガニスタン
  • 米領サモア
  • バハマ諸島
  • ボツワナ
  • 北朝鮮
  • エチオピア
  • ガーナ
  • グアム
  • イラン
  • イラク
  • リビア
  • ナイジェリア
  • パキスタン
  • パナマ
  • プエルトリコ
  • サモア
  • サウジアラビア
  • スリランカ
  • シリア
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • 米領ヴァージン諸島
  • イエメン

今後、欧州議会と加盟国閣僚級のEU理事会に提出され、今後1ヶ月以内に決議される。双方で可決されると官報掲載20日後から施行される。

【参照ページ】European Commission adopts new list of third countries with weak anti-money laundering and terrorist financing regimes

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら]

2019/2/17
Sustainable Japan

このページの先頭へ