get('status') == 't'){ //会員データが削除されていないか確認 if($login->isMember($wpdb)){ //閲覧ログの発行 $login->log($wpdb,$_SERVER['REQUEST_URI']); }else{ //会員データが削除されている //ログインセッション及び自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); unset($_SESSION['login']); } } }else{ // ログインセッションが存在しない //ログインCookieによる自動ログイン $member_id = LIB::isAutoLogin($wpdb); if($member_id){ $login = new LOGIN($config); $result = $login->cookieLOGIN($wpdb,$member_id); if($result){ $login->login_count($wpdb); $_SESSION['login'] = serialize($login); }else{ //自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); } } // ログイン前提のページセッションがなければリダイレクト if(is_page(array(MEMBER_UNSUBSCRIBE,MEMBER_EDIT))){ header('Location: /'); } } ?> CSRコミュニケート » 2020年には35兆ドル?!~米国市場のESG投資最新トレンド » Print

- CSRコミュニケート - http://www.csr-communicate.com -

2020年には35兆ドル?!~米国市場のESG投資最新トレンド

Global CSR Topics | 2019/06/13

csr-43967-1

2000年代後半から2010年代前半、CSRの領域は変化・発展を続けていましたが、その後の5年でまたさらに大きく変革していることを感じています。

特に、事業との結びつきの強まりや資本市場においてもCSRの重要性が一層増し、ESG投資の市場規模も膨らみ続けています。 そこであらためてESG投資のトレンドを勉強していたところ、米国の興味深いレポートに出会ったのでぜひご紹介したいと思います。

csr-43967

High Meadows Institute Sustainability in Capital Markets: A Survey of Current Progress and Practices
2019年3月25日

本レポートは同社が2015年に行った米国資本市場におけるESG統合の調査の最新版で、この3年間でのESG統合の変化を報告しています。
以下簡単に内容を要約しました。

概況

  • この3年間で資本市場におけるESGが主流になりつつあり、ESGの運用資産は2016年の23兆ドルから増加して、現在30兆ドルになり、2020年までに35兆ドルになると予測されている。
  • PRI、NGO、テクノロジー、データサイエンスなどマルチステークホルダーによる取り組みや、資本市場におけるあらゆるステークホルダーは、ESGのプラットフォームへの統合を加速してる。(パッシブ投資のESG統合など)
  • 明らかに資本市場におけるESG投資は拡大してきているが、一方でいまだに米国資本システムにおいて課題が多く残り、ESG投資のリターンを向上させ顧客にどう価値を生むかは疑問が残る。

ESG統合を後押ししている主な要因

  • 投資家の人口統計の変化 (特にミレニアル世代や女性の興味と投資力が向上)
  • 金融サービスのデジタルイノベーション
  • 気候変動に関するパリ協定や国連のSDGs

課題・カウンタートレンド

  • ESGの定義不足と企業がESGのパフォーマンスを測定し報告するための規格や標準化された枠組みの欠如(一方欧州では任意ガイドラインが導入済)
  • 経営陣のESGに対する理解不足
  • ESG統合を推進するための人材とインフラ不足
  • 金融選択法の可決により小規模投資家の株主提案が不可能に
  • パッシブ投資家や商工会議所などによるESG統合を阻む動き
  • 気候変動に関する企業のロビー活動
  • 短期的な投資運用成績を優先する組織
  • データプロバイダへの不信感

後半は、資本市場における各ステークホルダー(アセットオーナー、アセットマネジャー、投資コンサルティングファーム、証券取引所、信用格付機関、ブティックアセットマネジャー、ESG測定及び報告機関、規制当局及び業界会計機関、インデックス提供者および上場投資信託)での動きを紹介しています。 興味のある方は是非レポート詳細をご覧下さい。

急成長しているパッシブ投資にESG統合をするという潮流がある一方で、どうリターンを高められるかについては個人的に注目したい点です。サステナビリティの重要性は明らかなものの、リターンの高さは期待値に過ぎない部分もあり、どう実証され市場に影響を与えるか、今後も最新トレンドをウォッチしていきます。

(CSRアドバイザー 早川貴子)

EcoNetworks
Sustainability Frontline [原文はこちら [1]]


    エコネットワークス

    イメージ

    エコネットワークスは、CSR・サステナビリティに関する調査、言語、エンゲージメントを支援しています。また、世界に広がるパートナー・専門家のネットワークを通じて、各地の課題や先進企業の動向をウォッチし、情報発信をしています。

    エコネットワークスのホームページはこちら [2]

CSRコミュニケート: http://www.csr-communicate.com

ページのURL: http://www.csr-communicate.com/global/20190613/csr-43967

ページ中のURL

[1] 原文はこちら: http://www.econetworks.jp/internatenw/2019/06/usesg/?utm_source=newsletter

[2] エコネットワークスのホームページはこちら: http://www.econetworks.jp/

Copyright © 2009-2011 CSRコミュニケート. All rights reserved.