中国を生産拠点だけでなく「市場」として捉える上で、CSR(企業の社会的責任)への配慮は必須となっています。中国では、GRIやISO26000などの国際ガイドラインに加え、独自のガイドライン(CASS-CSR2.0)への対応も求められています。


CSRコミュニケーション支援事業を手掛ける、株式会社シータス&ゼネラルプレス(本社:東京都文京区)は、中国政府のシンクタンクでもある中国社会科学院CSR研究センター(※)が上梓した『中国企業社会責任研究報告2012』を一般社団法人アジアコミュニケーション研究所とともに翻訳・監修し、販売を開始しました。

詳細はこちら


"『中国企業社会責任研究報告2012』の日本語版をはじめて販売"の続きを読む »


CSRNewsは、2013年2月のエントリー・配信をもって終了いたします。
長い間ご愛読いただき、本当にありがとうございました。

CSR情報につきましては、CSR情報サイト「CSRコミュニケート」にて発信しております。
ぜひこちらへ会員登録(無料)をお願いいたします。

※「CSRNews」を引き継ぐコーナーは現時点(2013年2月現在)ではございません。

"読者の皆様へ"の続きを読む »


北京をはじめ中国主要都市のスモッグや大気汚染が深刻化しつつあるなか、中国政府にとって環境問題は無視できない課題になってきています。にもかかわらず、同政府による環境報告の多くが正確ではなく、いくつかのレポートは過去に発表された他の報告書の切り張りによって作成されている可能性があると現地のNGOが指摘しています。

"中国政府の環境報告の95%が偽造――中国NGOが指摘"の続きを読む »


米紙ニューヨーク・タイムズは環境デスクを解散しジャーナリストや編集者を他部署へと再編させる方針を発表しました。

"ニューヨーク・タイムズ、環境デスクを解散――環境への認知度向上が理由のひとつ"の続きを読む »


この度、世界資源研究所(WRI)が発表したAQUEDUCT(アキダクト・日本語では「水管、送水路」を意味する)の新バージョンは、最新の水リスクを示した世界地図・情報を無料で提供するツールです。

"水リスク地図「アキダクト」、最新の世界の水情報を無料で提供"の続きを読む »


2013年版のGlobal100が1月に発表されました。Global100は時価総額20億米ドル以上の企業を対象にした、「最も持続的な企業」の格付けです。(今年の結果は別の記事『第9回Global100の発表、日本企業は半数以下に』をご覧下さい。)今回で9年目になる同ランキングを発表したのはカナダのメディア調査会社Corporate Knights。同社によると、Global100は「(投資家の)生産性を画期的に向上させた最先端の格付けで、これはごみを宝物に変えるような、さらには、より少ない労力でより多い成果を得られるもの」と説明しています。

しかし、Global100企業は本当に「最も持続的な企業」なのでしょうか。SocialFunds.comが疑問を投げかけています。


"Global100、どこまで「サステナブル」な企業のランキングなの?"の続きを読む »


カナダのメディア調査会社Corporate Knightsが今回で9回目となる、持続可能な会社の世界ランキングGlobal100を発表しました。対象会社は時価総額20億米ドル以上の企業です。今年はベルギーの金属リサイクル会社Umicoreが一位になりました。Umicoreはアフリカのザイールを起源とする企業です。昨年トップのNovo Nordiskは5位に、そして昨年12社がランキング入りを果たした日本企業は4社のみにとどまっており、日本企業にとって厳しい結果となりました。唯一、大和ハウスが大躍進を遂げています。

"第9回Global100の発表、日本企業は半数以下に"の続きを読む »


英銀行バークレイズとユニセフが2008年から実施している、若者にお金の使い方を教え経済力を高める「Building Young Futures」プログラムをさらに3年間継続し、バークレイズがさらに500万ポンド(約7億円)を拠出(2008年からの6年間にわたり計1,000万ポンド)することが発表されました。

"ユニセフ、英銀行とコラボ――途上国の若者の経済力を高める"の続きを読む »


グリーンピースが新たな勝利を勝ち取りました。ファッションブランドのZARA(ザラ)は11月、商品から有害化学物質を撤去する方針を決めました。

"ZARA(ザラ)、グリーンピースが新たな勝利"の続きを読む »


2012年に達成した最も大きなCSR活動の成果は何でしたか?今年達成したこと、課題、学び、それらに対する考え、そして来年の展望などをグリーンビズが企業・団体のトップの方々に聞いています。

各社トップに共通するコメントとして、リオ20の失敗が挙げられています。


"2012年、御社のCSR活動の最も大きな成果は何でしたか?"の続きを読む »