ガイドライン解説

AA1000

Ⅰ. 正式名称

AA1000 AccountAbility原則基準2008(AA1000APS)

Ⅱ. 概要

発行者

AccountAbility

※ AccountAbilityは、持続可能な発展を前進させるアカウンタビリティの革新的な取り組みを推し進めるために設立されたNPOです。

目的

組織体に対して、自己のアカウンタビリティを理解し、管理、統制、実践、評価及び伝達する方法の枠組みを、自ら設定し構築するための、国際的に認められ、自由に入手が可能な一連の原則を提供すること

※ AA1000 AccountAbility原則基準2008 日本語翻訳版から引用

対象

多国籍企業から中小企業まで、また政府や市民社会組織などあらゆる種類の組織体。

内容

AA1000APSはAA1000シリーズの1つの基準であり、組織体がサステナビリティ情報に関してアカウンタビリティを果たすための原則が記載されている。これは「包括性の根本原則」「重要性の原則」「対応性の原則」の3つの原則からなり、AA1000APSには、これら3つの原則について、原則、定義、解説、基準が記載されている。

沿革・今後

1999年
AA1000フレームワーク基準を発行
2003年
AA1000保証基準(AA1000AS)を発行
2005年
AA1000ステークホルダーエンゲージメント(AA1000SES)を発行
2008年
AA1000ASを改訂、AA1000APSを発行
2010年
AA1000SESの改訂を予定

Ⅲ. 企業の対応

日本企業でAA1000シリーズを利用してCSR/環境報告書を作成する企業はまだ少ない。
AA1000APSは組織体がアカウンタビリティを果たすための原則、プロセスについての記載であり、具体的に何を報告すべきかについては記載されていない。AA1000シリーズを利用する組織体は、CSR/環境報告書に何を記載しているかではなく、AA1000APSの原則に準拠し、適正なプロセスを経て情報開示を行ったかどうかが求められる。

AA1000に準拠しているレポート事例

  • 「サステナビリティレポート 2010」/富士フイルムホールディングス株式会社

AA1000を参考にしたレポート事例

  • 「アニュアルレポート 2012」「CSR Data Book」/武田薬品工業株式会社
  • 「CSRレポート2010」/株式会社東芝
  • 「サスティナビリティレポート2010-詳細版-」/パナソニック株式会社
  • 「企業の社会的責任報告書(CSRレポート)2009」/東京急行電鉄株式会社

関連するページ

このページの先頭へ