海外CSRリリースセレクト

海外CSRリリースセレクト記事

バックナンバー一覧

It’s Time to Talk DayにはデートDVについて親子で話し合い(2014/2/4)

米国のティーンエージャー3人のうち1人はデートDV被害者

marykay

ニューヨーク ―( ビジネスワイヤ )―調査によるとティーンエージャーの3人に1人はデート相手から虐待を受けるそうである。大きな問題であるにもかかわらず、このことについて子供と話し合っている親はほとんどいない。現実にメリーケイ(Mary Kay)が Don’t Look Away キャンペーンで最近行った調査によると、親たちの4人のうち3人は子供とドメスティック・バイオレンス(DV)について話し合ったことがないそうである。

全米で対話を促し、認識を高めるために設けられた、NO MORE Silence: It’s Time To Talk Day と呼ばれる日を通じて、メリーケイ社とティーンエージャーのデートDV防止に専門的に取り組む全国的な組織であるブレイク・ザ・サイクル(Break the Cycle)はベライゾン(Verizon)と提携して、親たちがティーンエージャーの子供と話し合いができるように支援する。このような取り組みとしては初めてとなるイベントの焦点は、健全なデートとはどういうものかをティーンエージャーに教えられるよう、親やメンター(指導者)、若者を擁護する立場にある人たちなどを教育することであり、ティーンエージャーのデートDVに対する認識を高めて防止する月間(National Teen Dating Violence Awareness and Prevention Month)である2月だけでなく、年間を通じてこの問題に優先的に取り組むよう奨励することである。

ITTTD_LOGO_(2)

「メリーケイでは、誰もが安全で健全な関係にあるべきだと考えています」と、メリーケイ社のジル・ウェディング(Jill Wedding)マーケティング担当ディレクターは語る。「10代の娘をもつ母親である私には、『It’s Time to Talk Day』のようなプログラムを通じて親たちやティーンエージャーの必要とする支援を提供することがどれほど重要なことであるかが良く分かります。健全なデートとはどのようなものなのかを理解することによって、デートDVを終わらせることができます。これはデートDVについての認識を確立させるためのメリーケイの継続的な取り組みの一環でもあります。」

オリンピックの金メダリストで、メリーケイの理念の支持者であるジョーディン・ウィーバー(Jordyn Wieber)も、母親のリタ・ウィーバー(Rita Wieber)や数多くの有名人、支持者、支援者、専門家集団とともに、数えきれないほどのティーンエージャーの命を救うためにニューヨークのタイムズスクエアで開かれるトークイベント(talk-a-thon)に参加する。全米で開催されるこの日のイベントで、何百人もの親たちやティーンエージャーたちが会話を始められるようにするためのツールがウェブサイトに用意されている。

メリーケイは長年にわたってDV防止の取り組みを支援してきた。その Don’t Look Away キャンペーンの一環としてメリーケイは、国内初で唯一のテキストメッセージによるデートDVヘルプライン、loveisrespectを支援するために100万ドルを寄付した。発信者は2万2522件宛てに “loveis” とメッセージを打つだけで、サポートや健全なデートに関する情報を提供してくれる、訓練を受けた仲間である支援者と安全に匿名でつながることができる。このほかメリーケイ財団( The Mary Kay FoundationSM )では年次補助金プログラムも設けており、2000年以来、DVやデートDVの生存者である女性、ティーンエージャーおよび子供たちのための重要なサービスやプログラムを維持できるよう、DV関係機関に3,400万ドルを寄付している。

「ティーンエージャーの子供たちと健全なデートの重要性について話し合うことで彼らの命を救うことができます」と、ブレイク・ザ・サイクルのダーリン・キヤン(Darlene Kiyan)事務局長は語る。「この話題について親子で語り合うことの気まずさを取り払うことによって、若い人たちに教育や支援を提供し、DVの悪循環が始まる前にストップできると期待しています。」

www.itstimetotalkday.orgでアドバイスやツール(無償)を手に入れて、自分の子供であれ、教師であれ、職場の同僚でも、友人でも、健全な関係について誰かに話すことを約束するだけで誰でも2月4日のイベントに参加できる。同サイトで参加者が話すことを約束すれば、会話カウントに追加される。


メリーケイについて

たまらなく魅力的な製品。地域社会への良い影響。報われる機会。50年にわたってメリーケイはこれらをすべて提供してきた。300万人の独立美容コンサルタントが活躍し、全世界での年間卸売販売額35億ドルを誇るメリーケイは最高のビューティブランドであり、世界中の35を超える市場で直接販売している。メリーケイ独立美容コンサルタントについて、また最寄りのコンサルタントを探すには marykay.com を参照。


ブレイク・ザ・サイクルについて

ブレイク・ザ・サイクルは、誰でも安全で健全な関係を結ぶ権利があると確信している。デートDVの問題に関する10代や20代の若者の代弁者として、ブレイク・ザ・サイクルは若い人たちが健全な関係を結び、虐待のない文化を築けるように奨励し、支援する。ナショナル・ドメスティック・バイオレンス・ホットライン(National Domestic Violence Hotline)と協力して loveisrespect を提供し、若者がデートをするときのあらゆる段階を通じて彼らを支援している。詳細については breakthecycle.org を参照。

本コーナーはCSRコミュニケート(運営:株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス))、ビジネスワイヤのコラボレーションコンテンツです

Business Wire
ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイグループのビジネスワイヤはグローバルレベルで展開するニュースワイヤです。CSR関連、新製品・サービス情報から決算短信などのIR情報まで、幅広いジャンルのプレスリリースを約150カ国に配信しており、本コンテンツのオリジナル版提供元です。

このページの先頭へ