レポート事例集

The CR Reporting Awards 2017表彰レポート事例

イメージ

世界中の非財務情報のレポートデータベースを公開している「コーポレート・レジスター」が、最も優れた企業の非財務情報のレポートを表彰する「The CR Reporting Awards 2017」を2017年5月に公表しました。

本表彰は、コーポレート・レジスターに登録するユーザーが審査委員となっており、今回は3,670票の投票がありました。

受賞結果の一覧は、こちらをご覧ください。

アワード・ランキング紹介

PDFデータのダウンロードをしたい場合、corporateregister.comのCRRAのサイトから、ダウンロードボタンをクリックしてください。
※ただし、会員登録などを求められます。
To view the 2017 Global Winners report visit our downloads section here

今回は9つの表彰カテゴリーのうち、「Best report」に輝いたMarks and Spencer plcと、クリエイティブが評価されたCarnival Corporation & plcのレポートをご紹介します。


Marks and Spencer plc 「Plan A 2016」

レポートPDFはこちらから

イメージ

  • 前回に引き続き、「Best Report」「Openness & Honesty」の2分野で第1位になっている。
  • ページ数:48ページ。
  • マーク&スペンサーはサステナビリティについてのコミットメントを「プランA」というネーミングで打ち出し、「Plan A. There is no plan B(プランA、プランBはありません)」というキャッチフレーズでも認識されている。
  • 2015ではステークホルダーごとに開示していた「プラン A」の効果を、2016では「CONNECTED VALUE」としてインプットからアウトカムまでの流れで示している。
  • • 目標を達成しなかった項目についての丁寧な説明も、継続されている。

p.4-5  CONNECTED VALUE

p.14-15 見やすいデザインと透明性の高い目標進捗状況の開示

Carnival Corporation & plc「FY2015 SUSTAINABILITY REPORT」

レポートPDFはこちらから
(FY2015 が評価対象となったレポート)

イメージ

  • 「Creativity in Communications」で第1位、「Best Carbon Disclosure Report」で第3位となっている。
  • ページ数:100ページ。
  • 2020年に向けた目標を策定しており、進捗状況に応じて修正している。
  • デザインそのものに目を見張るような新規性はないが、PDF形式の報告書の随所に完成度の高い動画データが埋め込まれ、レポート全体でクリエイティブな取り組みを折り込んでいる。
  • 2015年の達成度は「ON TRACK(順調)」「ONGOING(進行中)」「LAGGING(遅れ気味」の3段階で評価している。
  • 紙面のデザインにおいては、「Emission(大気排出)」「マテリアリティ」などの個別ページも興味を持ってもらえる工夫が施されている点が評価されている。

p.12-13 2020年のゴールと2015年の更新情報

p.38―39 Best Carbon Disclosure Reportの表彰にも関連するページ

昨年度のアワードに関しての記事はこちら
The CR Reporting Awards 2016表彰レポート事例


このページの先頭へ