レポート事例集

グローバル企業はSDGsの取り組みをどう開示しているのか

イメージ

SDGsへの取組みを開示す企業の増加に伴い、YUIDEAでは以下の企業の情報開示状況を調査し、参考となる企業を選出して、コミュニケーションの観点からマトリックスで整理しています。

このマトリックスの横軸は、「SDGs用の媒体で情報を開示」しているか、「主にCSRレポートなどの年次報告情報開示」しているかで分けています。SDGs用の特設サイトなどを作成している企業は、それだけ注力していると考えられます。

縦軸は、SDGsの目標について「17すべての目標について開示」しているか、「目標を絞り込んで開示」しているかで分けています。17すべての目標について開示することは、SDG全体と企業との関連性を理解できるという点で有用です。一方、目標やターゲットを絞り込むことで、どんな社会課題や背景があり、何をコミットし、解決のために具体的に何を行っていくのか、そのKPIと進捗状況についてなどが、ストーリーとして紹介しやすく、読み手にとって理解しやすいと言えます。

国連のサイトにおいて取り組みを公表している企業

SDG Industry Matrix(産業別SDG手引き)製造業で紹介されている企業

イメージ

今回は、各グループから1社ずつ代表的な事例をご紹介します。


【A:SDGs用の特設サイトで、17すべての目標について開示】シーメンス

  • SDGsへの取り組みとその貢献を視覚的に理解できる「webページ」を特設。メインビジュアルでは「持続可能な開発を“利益と長期的な成長”を達成する手段として捉え、SDGsへコミットする」ことを開示。
  • 下図のようにSDGs17の目標アイコンを用い、「200ヶ国以上での活動を通じ、17すべての目標に貢献している」ことを表明。
  • 目標のアイコンをクリックすると、該当する目標への貢献度に関する「定量的なデータと要約文」が表示。
  • さらに、コミットの裏付けとなる具体的な活動紹介や商品ページにリンク。

イメージ

シーメンスサステナビリティサイトより


【B:SDGs用の特設サイトで、特定の目標について開示】エアバス

  • 事業が関わる現代社会の課題を明らかにし、「豊かな社会を創造しよう!(Let’s build a more prosperous world)」というスローガンのもと、SDGsへの貢献を宣言。
  • このスローガンの直下には、緊迫感ある約1分のムービーを掲載。「ジェンダー平等(目標5)」「若い世代への技術継承(目標4)」「労働安全衛生(目標8)」「技術革新(目標12)」等の社会課題を取り上げ、エンディングではエアバスとして貢献する8つのSDGを特定。
  • また、「環境負荷低減」「運営管理責任」「持続可能性の為の技術革新」「安全で豊かな世界への貢献」「質の高い教育と多様性の促進」についての貢献ストーリーを、下層ページで展開している。

イメージ

エアバスサステナビリティサイトより


【C:年次報告書で、17すべての目標について開示】ネスレ

  • ネスレは、「株主の皆さまと社会全体のために価値を想像することが、企業としての長期的な成功につながる」とし、「共通価値の創造(CSV)」にコミット。
  • 持続可能な開発目標(SDGs)を共通価値の創造のアプローチに取り入れ、「ネスレ2030年目標」を策定。
  • 「ネスレ2030年目標」は下記3分野で構成されており、年次報告書にてそれぞれが貢献するSDGsについて紐付けて掲載している。

1.個人と家族のため-5,000万人の子供たちがさらに健康な生活を送れるように支援する
2.コミュニティのため-ネスレの事業活動に直結するコミュニティに暮らす3,000万人の生活を向上させる
3.地球のため-ネスレの事業活動における環境負荷ゼロを目指す

イメージ

ネスレCSVレポートより


【D:年次報告書で、特定の目標について開示】インテル

  • 年次報告書である「Corporate Responsibility at Intel 2017–2018 Report」にて、重点テーマとする「環境」「ダイバーシティ&インクルージョン」「サプライチェーン」「ソーシャルインパクト」に関しての包括的な情報を発信。
  • Appendix(付録)にて、各テーマに紐づくSDGsと具体的な取り組みを掲載。例えば「ダイバーシティ&インクルージョン」ではSDGの目標5と目標10が関連しており、インテルが女性と少数民族の雇用に関する目標を掲げ、それらに約300億ドルを投資したことを報告。
  • また、ICT業界全体でのSDGsへの貢献も推進しており、同業のマイクロソフトや国際NGOのNet Hopeなどと協同し、業界とSDGsの関連を分析した「SDG ICT PLAY BOOK」を作成。

イメージ

インテルCRレポート・SDG ICT PLAYBOOK

corporate responsibility at Intel より



国内でも、2018年度のレポートが出揃う中で、事業とSDGsとの関係性について、さまざまな工夫を凝らし表現する企業が出てきています。しかし重要なことは、SDGsをラベルとして使うのではなく、共通価値創造のためのツールとして、いかに事業に組み入れることができるか、ということです。
海外での取り組みも参考に、是非SDGsをうまく事業に取り入れ、ビジネスの改善や創出につなげていただければと思います。

【関連記事】
持続可能な開発目標(SDGs)

このページの先頭へ