レポート事例集

The CR Reporting Awards 2018表彰レポート事例

イメージ

世界中の非財務情報のレポートデータベースを公開している「コーポレート・レジスター」が、最も優れた企業の非財務情報のレポートを表彰する「The CR Reporting Awards 2018」を2018年5月に公表しました。

本表彰は、コーポレート・レジスターの登録ユーザー約6万人の投票によるものです。

受賞結果の一覧は、こちらをご覧ください。

アワード・ランキング紹介

PDFデータのダウンロードをしたい場合、corporateregister.comのCRRAのサイトから、ダウンロードボタンをクリックしてください。
※ただし、会員登録などを求められます。
To view the 2018 Global Winners report visit our downloads section here

今回は8つの表彰カテゴリーのうち、「Best report」に輝いたMarks and Spencer plcと、クリエイティブが評価されたDomtar Corporationのレポートをご紹介します。


Marks and Spencer plc
「Plan A Report 2017. Plan A because there is no Plan B」

レポートPDFはこちらから

イメージ

  • 「Best Report」で第1位、「Openness & Honesty」で第2位になっている。
  • ページ数:48ページ。
  • マーク&スペンサーはサステナビリティについてのコミットメントを「プランA」というネーミングで打ち出しており、2017年6月に新しいコミットメント「PlanA 2025 Commitment」を公表している。
  • PLAN Aの10年間を俯瞰し 2017年版では「HOW WE CREATE VALUE」として自社の各製品における価値創造への取り組み状況を具体的かつ詳細に説明している。
  • サプライチェーンの取り組みについて「達成」「進行中」のように進捗状況を明確に示している。

p.10-11「CLOTHING&HOME」と「FOOD」という製品分野別に、
顧客のニーズを把握した価値創造について示す

p.29-30 Achieve(達成)やProgressing(進行中)といった
アイコンを用い視覚的にわかりやすく進捗状況を開示

Domtar Corporation
「2017 Sustainability Report. Working Smart…」

レポートPDFはこちらから/p>

イメージ

  • 「Creativity in Communications」だけでなく「Openness & Honesty」でも第1位となっている。
  • ページ数:64ページ。
  • 常に新しいサステナビリティに関するコミュニケーション方法を模索していることがうかがえる。
  • 表やイラストを効果的に用い視覚的に訴えるデザインになっており、読み進めやすい。
  • 生活空間における自社製品の持続可能性をビジュアルで分かりやすく表現している。

P6-7 自社製品について生活空間における持続可能性を視覚的に説明

P30-31 象徴的なビジュアルとグラフにより達成状況等を分かりやすく表現

昨年度のアワードに関しての記事はこちら
The CR Reporting Awards 2017表彰レポート事例


このページの先頭へ