グットプラクティス

更新情報

  • 2016/10/21

    第19回 スーパーホテル

  • 2014/10/30

    積水ハウスの進化するサステナブル・レポーティング

グットプラクティス一覧

  • 2010/10/26

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    NECの新たな社会貢献活動『NEC社会起業塾ビジネスサポーター』

    仕事で培ったスキルを活かすNECの社員「プロボノ」

    最近よく聞くようになった言葉のひとつに「プロボノ」がある。お金の寄付や単純な労働力の提供による貢献ではなく、仕事を通じて培った専門知識やスキルを活かして行うボランティアとされるプロボノ。日本ではまだ、ようやく認知され始めたばかりのこの社会貢献活動に、NECは企業としていち早く取り組み、今後の展開を模索している。

    さらに詳しく

  • 2010/09/30

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    キヤノンの「トナーカートリッジ リサイクルプログラム」

    「お客様」「取引先」から、パートナーへ。
    企業理念“共生”から生まれたリレーションシップ

    「リサイクル」の意識がまだそれほど高くなかった20年前から、メーカーの責任としてトナーカートリッジの回収・リサイクル活動を始めたキヤノン。他に参考にできる事例もなく、ゼロからの仕組みづくりに苦労しつつも軌道に乗せ、内容も着実に充実させてきた。そして今、20周年という節目を生かして情報発信を積極化し、長年にわたる活動のさらなるステップアップを目指している。

    さらに詳しく

  • 2010/09/06

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    CRADLE TO CRADLE企業認証を取得したアヴェダの取り組み

    「ゆりかごからゆりかごへ」
    生物多様性を守る企業ポリシーを徹底的に貫く

    「ゆりかごからゆりかごへ(CRADLE TO CRADLE)」という言葉をご存じだろうか。モノの「廃棄」という概念をなくし、原材料から作られたモノを再び原材料として戻す、地球環境と生物多様性に配慮したモノづくりを意味する言葉だ。持続可能かつ環境に効果的なデザイン手法を研究しているドイツの経営コンサルタント、MBDC社がこの考え方に基づいて設けたC2C(CRADLE TO CRADLE)認証に、いま各国の企業から注目が集まっている。

    さらに詳しく

  • 2010/06/14

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    アサヒビールのコーズ・リレーティッド・マーケティング(CRM)先行事例

    1本1円の環境保全活動『うまい!を明日へ!』プロジェクト

    アサヒビールが2009年から春・秋の年2回実施している『うまい!を明日へ!』プロジェクト。スーパードライ1本につき1円を、日本全国47都道府県それぞれの自然や文化財などの保護・保全活動に寄付する活動だ。販売促進チームが主体となって行っているこのキャンペーンは、初めに社会貢献ありきではなく、「お客様に感謝の気持ちを表したい」との思いが原点であり、推進力となっている。

    さらに詳しく

  • 2010/02/24

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム

    【特別寄稿】 関西のエコ技術を世界へ!企業と行政のスクラム体制

    2008年11月、経済産業省の近畿経済産業局が中心となり「関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム」が設立された。環境ビジネスで関西とアジアをつなぐ企業同士の連携を、行政が強力にバックアップし、世界へアピールする体制だ。企業と行政が協力してプロジェクトを進める事例は珍しくないが、“関西”というエリアの力を前面に出した展開としてはユニークだ。今回は、2009年5月にタイ・バンコクで開催された国際環境技術展示会を取材した当サイト記者が、同フォーラム関係者の声を交えてレポートする。

    さらに詳しく

  • 2010/01/28

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    ユニクロの店頭置き小冊子

    読者に響く、共感を生む、小冊子『服のチカラ』

    ユニクロの店舗に小冊子が並んでいる。「服のチカラ」というタイトル・印象深い写真が目を惹き、手にとって読んだ方もいるのではないだろうか。発行元は、ユニクロを展開するファーストリテイリングのCSR部となっているものの、「CSR」という言葉は出てこない。その意図するところとは何か?株式会社ファーストリテイリング CSR部・菊池佳代氏に話を伺った。

    さらに詳しく

  • 2009/12/21

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    リコーの社員向け環境情報サイト

    社外に開かれた社員のための環境情報サイト『Gaiaia(ガイアイア)』

    鮮やかな熱帯植物や森林の画像を載せたルポやブログのコンテンツ、トップページから居心地のよさそうな世界が伝わってくる・・・このサイトの正体はリコーが立ち上げた社員のための環境情報ポータルだ。開設から6カ月で月平均46,000ページビュー、うち半数はグループ社員、残りは外部からの閲覧というから興味深い。いったいどんな発想からこのような環境コミュニケーションが生まれたのか? サイトの運営・管理を行う株式会社リコー社会環境本部 環境コミュニケーション推進室・伏見聡子氏に話を伺った。

    さらに詳しく

  • 2009/12/08

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    セブン銀行のCSRコミュニケーション

    “フリー絵本”を通じた、セブン銀行のユニークな社会貢献活動とは?

    漫画『北斗の拳』の原作などで知られる原 哲夫氏プロデュースによる『森の戦士 ボノロン』は、巨木の森「タスムン」に住む「ボノロン」の活躍を描いたフリー絵本。偶数月に100万部が無料配布されている。

    セブン銀行は、「絵本の『読み聞かせ』を通じて、親子のコミュニケーションを結びたい」という想いに共感し、グループ会社であるセブン-イレブンやデニーズ、有人店舗「みんなの銀行窓口。」での配布や、絵画コンクールの開催などを通じて、親子のコミュニケーション促進を応援している。

    さらに詳しく

  • 2009/09/02

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    成田国際空港の環境コミュニケーション

    環境にやさしい空港「エコ・エアポート」のスタンダードを目指して

    日本を代表する空の玄関口、成田国際空港。環境にやさしい空港「エコ・エアポート」を目指す環境への取り組みが、今、国内外から注目を集めている。環境コミュニケーションにも積極的で、環境報告書のみならず環境情報開示Webサイトの公開や子どもの野外教室の実施など取り組みは広範囲に亘る。高い評価を受けるこれらの取り組みは成田国際空港ではどのように位置づけているのか? 積極的な取り組みの原点にあるものは何なのか?エコ・エアポート推進室の北林氏に話を伺った。

    さらに詳しく

このページの先頭へ