CSRコミュニケートからのお知らせ

CSRコミュニケートからのお知らせ

バックナンバー一覧

YUIDEAによるマテリアリティ(重点課題)特定支援のご案内

イメージ

「マテリアリティ」の定義をたどると2006年、英国の非営利組織であるアカウンタビリティが中心となり発行された「マテリアリティ・レポート」に遡ります。

その中で、「マテリアルな課題とは、組織のパフォーマンスに大きな違いをもたらす可能性のある課題である」と定義され、CSR活動が長期的視点で、財務や企業経営に影響を及ぼす重要な要因であることが示唆されました。

その後、GRIガイドラインでは第3版で「重要性(マテリアリティ)」原則が導入され、財務サイドであるIIRC(統合報告フレームワーク)やSASB(米国サステナビリティ会計基準審議会)からも、定義は異なりますが「マテリアリティ」の概念が導入されました。

当社の2017年度版の調査でも、大多数の企業がマテリアリティを特定しており、また一度特定したマテリアリティを見直す段階にあります。

当社定量調査レポート2017年度版より (CSR先進企業50社を対象とした調査)

YUIDEAによるマテリアリティ(重点課題)特定のプロセス

YUIDEAでは、CSRの情報開示ガイドラインの中でグローバルに最も影響力があるGRIスタンダードにて示されているプロセスを参考にしながら、貴社が属する業界特有の重点テーマや業界特有の重点テーマや、貴社独自の重点テーマを加え、マテリアリティ(重点課題)を特定するサービスを提供しています。

特定のプロセスは「①特定準備」「②優先順位づけ」「③妥当性確認」「④レビュー」の大きく4つのステップで行います。各ステップについて、以下詳細をご紹介します。

ステップ1:特定準備

1-1.業界特性、国際規範、社内用語と標準テーマを踏まえた課題の抽出

1-2.ステークホルダー・バリューチェーン特定ワークシート提供

1-3.課題及びバウンダリの整理

【YUIDEAポイント】
グローバル・コンパクト10原則、ISO26000などにおける業界のマテリアリティ項目、幅広く社会の課題を抽出します。また、同業他社のマテリアリティも比較。
さらに、貴社の中長期経営計画や社内資料に折り込まれている社内用語と比較可能な標準的なテーマとの関係性を整理します。中長期で社会課題解決に貢献する事業計画など、企業独自のチャンス側面の項目も追加します。

ステップ2:優先順位づけ

2-1.社会からみた重要性評価

2-2.自社にとっての重要性評価(自社にとっての影響/自社が社会に与える影響)

2-3.マテリアリティのマッピング

【YUIDEAポイント】
 「2-1.社会からみた重要性評価」では、マルチステークホルダーからの評価(責任投資関係、顧客、従業員、取引先など)を反映していきます。

ステップ3:妥当性確認

3-1.妥当性の確認

3-2.GRIスタンダード マネジメント手法の情報開示支援

ステップ4:レビュー(次年度へ向けた取り組み)

4-1.承認を得る

4-2.プロセスの開示/マテリアリティの報告/GRIスタンダードマネジメント手法の開示


YUIDEAは2000年よりCSR・環境広報の分野に携わり、専門の調査・コンサルティング組織(CSR革新室)が情報とノウハウを蓄積してきました。この知識と経験により確立されたプロセスで、企業ごとでのマテリアリティ(重点課題)の特定をサポートします。

【実績】自動車、化学、食品製造、流通、機会、事務機器、エネルギーほか多数の企業を支援しています。

お気軽にご相談ください

イメージ

マテリアリティ(重点課題)の特定、もしくは見直し、有識者によるレビューなど、お悩みがありましたら、是非お気軽にご相談ください。

以下のご相談フォーム、またはお電話から、お問い合わせをお待ちしております。

■CSRコミュニケートお問い合わせフォームはこちら

■ご相談窓口:株式会社YUIDEA CSR革新室
TEL:03-6902-2007 FAX:03-6902-2138

このページの先頭へ