CSRコミュニケートからのお知らせ

CSRコミュニケートからのお知らせ

バックナンバー一覧

ESG評価機関対応 支援サービスのご案内

イメージ

PRI(責任投資原則)への署名数は2018年4月時点で1,961機関、運用総資産額は80兆ドルを越えており、ESG投資への対応は企業として不可欠となってきています。

ESG投資への対応では、企業評価を行うさまざまな評価機関に向け、各評価機関が求める情報を的確に提供することが重要です。

当社では、DJSI(ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス)やFTSE4Good Index SeriesのWorld Indexへの選定に向けて、ご担当者様のアンケート返答のバックアップサービスをご提供しています。

関連情報
「非財務ディスクロージャーはほとんど重要ではない、または財務的影響はほとんどない」と回答する投資家は60%→16% (2013年ー2016年)へ急激に減少。
非財務情報は一貫性がない、入手ができない、または検証されていない」と回答する投資家は42%。掲載記事はこちら。
※CSR格付け・インデックスの紹介はこちら。


■ご担当者様がお困りになっている事例

イメージ
  • 評価機関のアンケート対応について、正直よく分からない。
  • 英語での対応に自信がない。
  • 株主総会の準備など、繁忙期で着手できない。
  • 設問の意図や背景が分からない。

まずは当社までお気軽にご相談ください

▼サービス詳細はこちら

Dow Jones Sustainability Indexes (DJSI) 対応の支援サービス

DJSIのAsia/Pacific Index あるいはWorld Indexへ選定されるために、アンケート返答のクオリティ向上を支援します。

※DJSI:RobecoSAM社が、ダウ・ジョーンズ社のDJSI(Dow Jones Global Index:機関投資家が国際投資に際して運用成績を評価する場合の指数)の上場企業約2,500社に調査票を送付し、サステナビリティへの優れた取り組みを行っている320社前後をDJSI World銘柄に選定。

【Step 1】 アンケート回答分析

イメージ

以下のような分析および説明資料を作成


  • DJSI IndexおよびRobecoSAM社の評価方法のポイント解説
  • ベンチマークレポートの分析結果を踏まえた前回アンケート回答内容検証
  • 回答改善のアドバイス(優れた回答事例の紹介を含む)
  • 評価に影響する主要項目について、CSR活動、情報開示改善のアドバイス



イメージ

【Step 2】 アンケート回答支援

イメージ

以下のような支援を実施



  • 回答オンラインシステムの利用方法、掲載情報の有効な利用方法の解説
  • 継続設問、新設質問の解説と対応支援
  • 個別設問の改善アドバイス、回答支援

【オプション】

  • アンケート項目の和訳・解説作成
  • 個別設問の回答作成に向けた担当部署とのディスカッション及び回答支援
  • アンケート回答(一部エビデンス資料)の英文化

その他のRI(責任投資)関連評価機関への対応支援サービス

FTSE, MSCI, Sustainalytics など公開情報で評価を行っている評価機関への対応を支援します。
各評価機関の評価結果を分析し、取り組みや公開が十分でないテーマについて、公開可能な情報を充実させるための取り組みを支援します。

【Step 1】 課題の分析

イメージ

以下のような分析および説明資料を作成


  • 設問及び結果を一覧できるフォーマットの作成
  • 各評価機関の評価結果の分析
  • 課題の整理:
    □情報開示の方法が不適切
    □活動はしているが開示されていない
    □取り組みがなされていない
    といった課題の整理



イメージ

【Step 2】改善策の提示・情報加工

イメージ

以下のような支援を実施


  • 整理した課題ごとに改善アドバイス
  • 短期での回答支援、公開情報監修

【オプション】

  • 設問項目の和訳・解説作成
  • 個別設問の回答作成に向けた担当部署とのディスカッション及び回答支援
  • 公開情報のコンテンツ作成
  • 中長期での改善対応
※本サービスは外部パートナーと連携して提供しています。

お気軽にご相談ください

イメージ

評価機関への対応に関してお悩みがありましたら、是非お気軽にご相談ください。

以下のご相談フォーム、またはお電話から、お問い合わせをお待ちしております。

■CSRコミュニケートお問い合わせフォームはこちら

■ご相談窓口:株式会社YUIDEA CSR革新室
TEL:03-6902-2007 FAX:03-6902-2138

このページの先頭へ