CSRコミュニケーションQ&A

CSR関連その他

東北地方太平洋沖地震に対して会社で寄付をしたいのですが、義援金、支援金などに違いはありますか?

「義援金」は、日本赤十字社等で集められ、すべて被災者の方々へ分配されます。「支援金」は、支援活動を行っている機関・団体(NPO/NGO等)の活動資金や財源として使用されます。

「義援金」は、日本赤十字社や社会福祉法人 中央共同募金(赤い羽根共同募金)等が受け付けており、日本赤十字社、各自治体など関係機関で構成される「義援金配分委員会」に送金され、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。義援金は、集められた寄付がすべて被災者の方々へ届けられるという点で被災者支援に大いに貢献しますが、配分が後日行われるため緊急支援には適していない点などに留意する必要があります。

他方、「支援金」は被災地において支援活動を行っている機関・団体(NPO/NGO等)の活動自体の資金となります。緊急支援としての資金拠出を望む場合は、義援金ではなく、そのような活動を行っている機関・団体(NPO/NGO等)への寄付が望ましいでしょう。ただし、「支援金」は、活動自体の資金となるため、直接支援対象に届くものばかりに使用されるわけではない点などに留意する必要があります。大規模災害で緊急支援が必要な場合などは、自治体や団体によっては寄付されたお金の用途が明記されていますので(●●の災害に対して、被災者への分配、被災者の支援、被災地の復旧事業・復興事業など)、実際に寄付を行う際には、自社の目的や想いと重なっているかなど、事前に確認するとよいでしょう。

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


このページの先頭へ