CSRコミュニケーションQ&A

CSRコミュニケーション・基礎編

CSRの取り組みは誰に伝えれば良いのですか?

企業の取り組みを伝える主なステークホルダー(利害関係者)としては、株主・投資家、顧客・消費者、お取引先、従業員、近隣地域の住民、学生、また政府・官公庁、マスメディア、学者・研究者、NGO/NPOなどが挙げられます。事業活動には多くのステークホルダーが関わっており、最適な情報開示をするとともに、双方向的にコミュニケーションをとっていく必要があります。
CSRレポートにおいて「顧客」「株主・投資家」「従業員」等、それぞれのステークホルダーに対するページを設け、情報開示をする企業が多く見られます。しかし、限られた紙面の中で、あらゆるステークホルダーへの情報開示を果たすことが難しい場合もあります。
そのため、ステークホルダーへの適切な情報開示、最適なCSRコミュニケーションを実現するために、CSRレポートだけではなくWebサイトやその他の冊子・ツール、またはイベントなど、様々なメディアを活用する企業も現れ始めています。

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


関連するページ

このページの先頭へ