CSRコミュニケーションQ&A

CSRコミュニケーション・基礎編

投資家やSRI調査機関は、コーポレートガバナンスの記載について、どのような視点で見ているのでしょうか?

まず、コーポレートガバナンスという言葉の使われ方が、使う人によって異なる場合があります。一部の方は「経営者による社内やグループ会社の統治」という観点で捉え、また別の方は「内部統制・コンプライアンス」という文脈で使われることもあります。言葉の定義はさて置き、投資家やSRI調査機関などの資本市場関係者は、コーポレートガバナンスとは「株主による会社の統治、もしくはその仕組み」という文脈で捉えています。

こちらは会員限定のコンテンツです

閲覧するには 会員登録 の上、ログインしてご覧ください。
会員登録済みの方は右側のフォームよりログインの後ご覧ください。

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


このページの先頭へ