CSRコミュニケーションQ&A

CSR経営

投資家は、どのようにESGを捉えているのでしょうか?ESG情報をどのように活用しているのでしょうか。――(1)投資家が知りたいESG情報とは?

イメージ

投資家は、企業がさまざまな事業活動やESG活動により持続的に成長することで、企業価値が向上し、投資に見合うリターンを得られるようになることを期待しています。

従って、投資家が求めるESG情報は、社会貢献活動やボランティア活動に関する情報ではなく、企業の経済価値に反映される情報です。

投資家は、「企業の事業活動は社会や環境に負荷を与えている。従って、企業は社会・環境への負荷を軽減する取り組みを行わないと将来のリスクとなる。あるいは、社会・環境問題は、企業にとって成長するためのチャンスでもある。企業は社会・環境問題を解決することで新市場を創造し事業を拡大することができる。」と考えています。つまり、投資家は企業に対して、世界的な社会・環境問題の解決に取り組むことで新たに市場を創造したり事業を成長させ、売上・利益の拡大に貢献すること、あるいは、社会・環境課題に対応しないことで将来多額な対応コストが発生することがないように、社会・環境への負荷軽減の取り組みを行うことを求めています。

これらの取り組み状況を伝えるESG情報は、定性的な非財務情報でありながら、企業の今後の経済価値を推し量る企業情報として活用されます。

    回答者:山崎 直実氏

    イメージ

    一般社団法人 株主と会社と社会の和 代表理事。
    IR/ESG/コーポレートガバナンス コンサルタント。
    長年、消費財メーカーでコーポレートガバナンス、ディスクロージャー、株式実務を統括。機関投資家やSRI調査機関などと対話を重ね、ESGコミュニケーションを推進。2014年に独立し、女性を中心とした個人投資家にESG投資やエンゲージメントを促進するための一般社団法人を設立。
    経産省「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクト委員。

    お問い合わせ

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


このページの先頭へ