CSRコミュニケーションQ&A

CSR経営

IIRCのフレームワークを踏まえて報告書を作成する際に、注意すべきポイントはありますか。――(6)統合報告書の作成[2]

一番悩まれるのがマテリアリティの決め方でしょう。さまざまな機会とリスクの要素を列挙し、「経営に対する影響度」と「発生頻度」のマトリックスにプロットして、重要性を判断していくことが多いと思いますが、その時、何をもって重要と判断すればよいのか基準がなく、すべての要素が客観的な数値に置き換えられるわけでもありません。条件の設定次第では経営への影響度も発生頻度も変わり、結局、どれもこれも重要であると思えてしまうことがあります。

こちらは会員限定のコンテンツです

閲覧するには 会員登録 の上、ログインしてご覧ください。
会員登録済みの方は右側のフォームよりログインの後ご覧ください。

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


このページの先頭へ