CSRレポート調査データ

印刷、製作段階での環境配慮

33. 大豆油インキの使用

9割半以上の企業が大豆油インキを採用している。

サンプル数:430社
※()内は「環境報告書/CSRレポート白書2005」のパーセンテージ

34. non-VOC大豆油インキの使用

有機溶剤を含まないnon-VOC大豆油インキの採用は3割近くになっている。

サンプル数:430社
※()内は「環境報告書/CSRレポート白書2005」のパーセンテージ

35. カラーユニバーサルデザインの採用

色弱者に配慮したカラーユニバーサルデザインを行い、認定を受けている企業は5社のみにとどまっている。

サンプル数:430社
※新規調査のため過去データの比較なし

36. エコロジー・ペーパーの使用

再生紙が57.4%と最も多いが、次いでFSC認証紙(適切に管理された森林から切り出された木材を原料に含む紙)が31.2%となっている。また、間伐紙を採用する企業 も見られた。

サンプル数:430社
※()内は「環境報告書/CSRレポート白書2005」のパーセンテージ

37. 水なし印刷

IPA(イソプロピルアルコール)を含んだ廃液を出さない印刷方式、水なし印刷を採用する企業は4割以上になっている。

サンプル数:430社
※()内は「環境報告書/CSRレポート白書2005」のパーセンテージ

このページの先頭へ