ランキング・アワード紹介

グリーンリポーティングアウォード―環境報告書賞・サステナビリティ報告書賞

主催者 :
東洋経済新報社、グリーンリポーティングフォーラム
関連URL :
http://www.toyokeizai.net/corp/award/kankyo/index.php

目的

日本における企業の環境情報開示に対する認識を高め、環境報告書の質量ともに向上させることを目的とする表彰制度。2012年9月に、2011年度の第15回を以って「休止」とし、次回は実施しないことが発表された。

評価対象

※ 以下、第15回(2011年度)の評価対象について

  • 日本国内で事業活動をしている企業・公共機関が一般に公表している日本語版の報告書
  • 11月1日から10月31日までに一般に公表された報告書のうち最新のもの(第15回)
  • ホームページ上のみで開示されている報告書については、当該報告書をプリントアウトしたもの

ホームページ上に報告書を補足するために開示されているデータ・情報も、当該報告書に添付して応募可能。審査対象報告書の応募は、【環境報告書賞】または【サステナビリティ報告書賞】のいずれか一方に限る。

エントリー数

第15回(2011年度)は357点(うち、環境報告書78点、サイトレポート37点、公共部門45点、サステナビリティ報告書197点)が応募。

結果発表時期

第15回(2011年度)は2011年1月30日にWEBサイトで発表された。

審査委員

第15回(2011年度) 環境報告書賞・サステナビリティ報告書賞 審査委員
【環境報告書賞】枝廣淳子氏(環境ジャーナリスト) 他7名
【サステナビリティ報告書賞】秋山をね氏(インテグレックス代表取締役社長)他8名

歴史

1998年の第1回は「環境報告書賞」のみの表彰であったが、第7回(2004年度)から「サステナビリティ報告書賞」が創設された。また、「環境報告書賞」には第4回(2001年度)からサイトレポート賞および中小企業賞が、第10回(2007年度)から公共部門賞が新設された。
その他、第8回(2005年度)には東洋経済創立110周年に際して、CSR活動においてめざましい実績をあげた企業を「CSR報告書継続優秀大賞」として表彰を行った。第14回(2010年度)は、東洋経済新報社創立115周年を記念して、特別奨励賞として「ステークホルダー・ダイアログ部門賞」と「生物多様性部門賞」が設けられた。2011年度は第15回を記念して、特別奨励賞として「新エネルギー政策部門賞」と「省エネ推進部門賞」が設けられた。
1998年に創設され、2011年で第15回を迎えた同表彰制度は、環境報告の普及・啓発、わが国における環境意識や環境情報開示に対する認識の深まり、持続可能な社会に向けた産業界・公共部門と市民の対話の発展・促進等へ貢献してきた。しかし、その一方で、創設から十数年を経て、表彰制度としての限界がさまざまな面で現れてきたとし、こうした状況を受け、第15回を以って「休止」とし、次回は実施しないと発表している。

評価のポイント(※)

※以下、第15回の評価ポイントについて
これら審査規準に加え、さらに業界、業態、規模も勘案して総合的に審査・判定が行われた

環境報告書賞

  • 環境経営に対するトップのコミットメント、明確な企業姿勢が読み取れる
  • 環境の取り組みに関するステークホルダーとのコミュニケーションツールとして優れている
  • 環境パフォーマンス情報の開示について以下の点で充実している
    • 網羅的に開示されている
    • 比較可能な形で開示されている
    • ライフサイクルの観点と環境への重要度を反映している
  • 環境パフォーマンスに対する企業自身の評価や説明が加えられている
  • 情報の信頼性を確保する努力を行っている

サステナビリティ報告書賞

  • CSRについてのビジョン・戦略が明確で、統治構造、マネジメントシステム、組織の基本情報が開示されている
  • 環境パフォーマンス情報は、網羅的で比較可能な形で開示されており、ライフサイクルの観点と環境への重要度を反映している
  • 社会情報に関して、(1)労働慣行、(2)人権、(3)地域社会と社会貢献、(4)製品責任、その他について適切に開示している
  • CSRに関する経済・財務情報については、指標および開示方法について創意工夫を試みている
  • コミュニケーションツールとして優れており、情報の信頼性を確保する努力を行っている

※ 公表されている審査基準より抜粋

受賞企業一覧

第15回 グリーンリポーティングアウォード 環境報告書賞

最優秀賞
・リコーグループ
http://www.ricoh.co.jp/ecology/report/index.html

優秀賞
・日本製紙グループ本社
http://www.np-g.com/csr/download.html

優良賞
・味の素グループ
http://www.ajinomoto.co.jp/activity/csr/download/

・小松製作所
http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/csr/2011/index.html

・生活協同組合コープながの
http://nagano.coopnet.or.jp/activity/social/eco/index.php

・日本興亜損害保険
http://www.nipponkoa.co.jp/csr/report.html

・本田技研工業
http://www.honda.co.jp/csr/library/

特別賞
・該当なし
サイトレポート賞
・三菱樹脂 平塚工場
http://www.mpi.co.jp/csr/report.html

・ルネサス山形セミコンダクタ
http://www.syg.renesas.com/eco/eco_report.html

公共部門賞
・千葉大学
http://www.chiba-u.ac.jp/general/environment/index.html#d

・三重大学
http://www.ceme.mie-u.ac.jp/env_report/index.html

第15回 グリーンリポーティングアウォード サステナビリティ報告書賞

最優秀賞
・富士ゼロックス
http://www.fujixerox.co.jp/company/public/sr2011/

優秀賞
・住友金属鉱山
http://www.smm.co.jp/csr/report/

・東芝
http://www.toshiba.co.jp/csr/jp/index_j.htm

優良賞
・大阪ガス
http://www.osakagas.co.jp/company/csr/digest/index.html

・大林組
http://www.obayashi.co.jp/csr/reports

・セブン&アイ・ホールディングス
http://www.7andi.com/csr/csrreport_index.html

・第一三共
http://www.daiichisankyo.co.jp/csr/report/index.html

・帝人
http://www.teijin.co.jp/eco/report/index.html

・日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/csr/download/index.html

・三井物産
http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/csrreport/index.html

・リヴァックス
http://www.revacs.com/download.html

特別賞
・武田薬品工業
http://www.takeda.co.jp/csr/reports/article_1025.html

第15回記念 東洋経済新報社特別奨励賞

新エネルギー政策部門賞
・シャープ
http://www.sharp.co.jp/corporate/eco/csr_report/index.html

省エネ推進部門賞
旭硝子
http://www.agc.com/csr/book/index.html

関連するページ

このページの先頭へ