こちらCSR革新室

こちらCSR革新室

バックナンバー一覧

CSRマインドの社内浸透を進める「CSR」の使い方

企業の方が稀に口にする
「弊社のCSRはまだ歩きはじめたばかりですので……」
「環境報告の段階で、まだCSRは着手できていないのが現状です」
といった発言。

この表現は極論すればブラック企業宣言に受け取れてしまいます。かなり極論すれば、です。


「基本的CSR」は企業活動のほとんどをカバーしている

なぜなら、CSR=Corporate Social Responsibilityとは、企業経営全般に関わる取り組みだからです。

コンプライアンスはもちろん、顧客ニーズに合った製品・サービスを提供すること、従業員の安全に配慮することなど「基本的CSR」と呼ばれる取り組みは企業活動のほぼ全域に関わっています。

「まだ歩きはじめたばかりならば、つい最近まではコンプライアンスもできていなかったのか?」
「CSRに着手できていないのならば、消費者対応も労働環境も気にしないブラック企業なんですね?」
というツッコミを入れることができてしまうのです。

もちろんこんな屁理屈を言う人はいないでしょうし、そんなブラック企業にはお目にかかることはまずないでしょう。ただ表現として適切ではないと感じています。

厳密には
「弊社のCSR専任部署はまだ歩きはじめたばかりですので……」
「環境報告の段階で、まだCSR報告は着手できていないのが現状です」
等と表現するのが正しいと思います。


「CSR」の定義を共有しているか

私は言葉尻を拾ってあげ足を取りたいのではありません。

伝えたいのは、あなたが「CSR」をどのように定義しているか、同時に相手が「CSR」をどのように定義しているか、共有したうえで話をしましょう、ということです。

「CSR」を経営全般に必須な要素と捉えている人と、環境・社会貢献活動と捉えている人、かたや戦略的CSRと捉えている人とが入り混じって「CSR」を議論しても、理解し合うことは困難です。

CSRマインドの社内浸透についても「CSR」の定義を理解しあい、共有しているかどうかが一つのポイントになります。

一般の従業員の方が考えている「CSR」は環境・社会貢献活動、法令遵守の範囲にとどまっている一方、CSR推進担当の考えている「CSR」はそれより広い範囲を意味していて、ズレが生じていることが多いと思います。そのギャップを埋める作業が必要です。

まずは、労働安全や顧客ニーズの深堀など、既に業務として取り組んでいる活動も「それは『CSR』のひとつです」と認識してもらい、何も特別なことではなく各自の業務の一部だということを握りあいましょう。

そのうえでグローバル化やサプライチェーンの拡大、市民社会の発達を説明すれば「CSR」を身近に感じてもらえるはずです。例えばパワハラのように「今どきはそういうものだから」と過去よりも幅が広がったCSRに自発的に取り組んでいる一般の従業員もいるでしょう。

このようにCSRマインドの社内浸透を進めるにはまず「CSR」が示すものは何か、言葉の定義を確認することが重要です。現場とCSR推進担当が、互いの考えや活動の重なり合いを確認して共有することで、一般従業員は「CSR」に取り組む価値を、自分ごととして捉えることができるようになるでしょう。

「CSR革新室」とは?

YUIDEA
「CSR革新室」とは、CSRコミュニケートを運営する株式会社YUIDEA(ユイディア)内にある1つの部署です。よりよい社会づくりに貢献すべく、企業のCSR活動、CSRコミュニケーションの革新を支援しています。

関連するページ

このページの先頭へ