こちらCSR革新室

こちらCSR革新室

バックナンバー一覧

ソーシャルインパクトボンド(SIB)とは

イメージ

前回のグリーンボンドに引き続き、今回はソーシャルインパクトボンド(SIB)について説明していきます。
(過去記事:グリーンボンドとは)

ソーシャルインパクトボンド(SIB)とは何ですか?

定義

ソーシャルインパクトボンド(以下SIB)は、社会的インパクト投資の手法の一つで、投資家から資金を調達し、元々行政が行っていた公共サービスを民間のNPOや行政機関等から委託を受けた事業者が実施。事前に合意した成果が達成された場合、削減された行政コストを投資家に対して利益還元を行う仕組みです。すでに、英国・アメリカ・オーストラリア等で導入実績があり、日本でも横須賀市でパイロット事業が始まっています。


SIBには、どのような事例がありますか?

英国では受刑者の社会復帰や児童養護施設運営等、カナダではシングルマザー支援、オーストラリアでは児童犯罪防止などが実施されており、日本でも次のようなプログラムが進行中です。

横須賀市児童擁護
事業領域 児童擁護
成果目標 新生児を対象に、特別養子縁組4件の成立
行政機関 横須賀市
サービス提供者 一般社団法人ベアホープ
コスト削減効果
  • 子ども4名が18歳になるまで児童擁護施設等で過ごすことで発生する横須賀市のコスト:約3,500万円(18年分)
  • SIB事業費:約1,900万円
→横須賀市は約1,600万円のコスト削減効果が期待される。
尼崎市若者就労支援
事業領域 若者就労支援
成果目標 200名のうち6名の就労と4名の就労可能性向上
行政機関 尼崎市
サービス提供者 認定NPO法人育て上げネット
コスト削減効果
  • 6名が就労、4名の就労可能性が向上した場合、生活保護費削減額及び納税額増加による尼崎市の便益:約1,300万円
  • SIB事業費:約1,300万円
→尼崎市単体での効果は小さいが、国の費用負担を含めると4,400万円のコスト削減効果が期待される。

企業とのかかわり

G8インパクト投資タスクフォース日本国内諮問委員会では、休眠口座を活用したSIBについての検討を進めており、各省庁もSIBの活用を検討し始めています。今後SIBの活用が拡大すれば、企業に委託される公共サービスの幅が広がるため、企業が投資される側として公共サービスに参入する機会が増えることが予想されます。


【参考】
G8インパクト投資タスクフォース日本国内諮問委員会

「公益財団法人日本財団」及び「特定非営利活動法人SROIネットワークジャパン」により共同運営されているSocial Imapct Bond Japan

ケイスリー株式会社「ソーシャルインパクトボンド概要と行政における導入可能性の検討」

【関連記事】
社会的インパクト投資とは

社会的インパクト投資の企業事例

グリーンボンドとは

イメージ

「CSR革新室」とは?

YUIDEA
「CSR革新室」とは、CSRコミュニケートを運営する株式会社YUIDEA(ユイディア)内にある1つの部署です。よりよい社会づくりに貢献すべく、企業のCSR活動、CSRコミュニケーションの革新を支援しています。

このページの先頭へ