CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

110年前の建物を丸の内に復元

三菱一号館

三菱地所は9月、明治時代に建てられた建物を復元した「三菱一号館」を東京・丸の内に開館した。1894年(明治27年)に完成して、1968年(昭和43年)に解体された同名のオフィスビルを可能な限り忠実に復元した。来年4月以降は、美術館として運営される。開館を記念して、来年1月まで「一丁倫敦と丸の内スタイル展」が開かれる。

旧三菱一号館は、明治期の日本で活躍した英国の建築家ジョサイア・コンドルによる設計で、日本初のヨーロッパ式オフィスビルとされている。明治・大正期に丸の内地区はこの建物を中心に整備され「一丁倫敦」とロンドンの町並みに例えられた。

新三菱一号館は9月にオープンしたオフィスと商業トテナントの複合施設「丸の内パークビルディング」に併設され、英国式庭園も敷地内に設けた。設計は休館を原寸大で復元し、230万個の赤レンガを焼き上げて作り上げた。

(オルタナ 2009年11月発行号掲載)

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ