CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

中間選挙結果、環境政策にも影響か

米国で中間選挙が11月2日に行われ、オバマ政権を支える民主党が下院で歴史的敗北を喫する一方、野党の共和党が改選前から議席を60以上増やして過半数を獲得した。オバマ政権の環境政策にも影響を与えそうだ。

オバマ大統領は翌3日の記者会見で敗北を認め、その原因について「米国民は経済回復の遅さにいら立っており、雇用の回復と給与の上昇を望んでいる」と語り、景気回復の遅れにあるとの認識を示した。

また、オバマ大統領は今後の政策について共和党とも協議することを公約。グリーン・ニューディール政策を掲げる現政権とは対照的に共和党は経済重視の政策を掲げており、気候変動対策法案は成立の難航が予想されるほか、現政権は天然ガスや原子力などの分野で開発を促すよう求められるものとみられる。

(オルタナ・プレミアム 2010年11月第3木曜発行号掲載)

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ