CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

首都圏、夏場電力不足か 企業分散も

東日本大震災の影響による首都圏停電は長期化の見通しだ。原子力、火力発電は地震の影響で停止。冷房で電力需要がピークを迎える夏には、再び不足する可能性がある。

東京電力は震災直前で5200万キロワット(kw)が供給可能だったが、直後に3100万kwに急減。24日時点で最大供給電力は3750万kwまで回復したが、冷房需要が多い夏場に不足が見込まれる。2001年7月24日(東京で最高気温38.1度、湿度45.5%)に電力需要は過去最高の6430万kwを記録。その後に節電や省エネの普及でピークは漸減しているが、6000万kwは毎年超える。

政府はサマータイム導入など需要抑制策を検討しているが抜本的解決は難しい。企業には「本社機能を東京以外に分散させる」(物流大手幹部)など停電リスクを避けようとする動きもあり、経済活動への影響が懸念される。

(オルタナ・プレミアム 2011年4月第1木曜発行号掲載)

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

このページの先頭へ