CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

「省エネ・照明デザインアワード」環境省が今年度の公募を開始

イメージ

2012年度「公共施設・総合施設部門」グランプリ
受賞施設(「東京むさし農業協同組合本店)

環境省は、二酸化炭素排出抑制を目的に、「省エネ・照明デザインアワード」を毎年実施している。第4回の環境大臣表彰に向けて、8月1日に候補施設の公募を開始した。デザイン性と実用性を兼ね備えた優秀な省エネ照明デザインを選出し、全国に紹介する。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

商業施設やオフィスなど「業務部門」の二酸化炭素排出量は1990年比約3割増加している。環境省は、この部門の省エネを促進するため、排出量の約2割を占める「照明」に着目。2008~09年度に「省エネ照明デザインモデル事業」を、2010年度から「省エネ・照明デザインアワード」を実施している。

今年の公募期間は10月4日まで。部門は「公共施設・総合施設部門」「商業・宿泊施設部門」「まち、住宅、その他部門」の3つ。グランプリ各1点と優秀事例数点、3部門計約20件を、照明デザイナーの石井幹子氏ら4人の審査員が選出する。

過去の受賞数/応募数は、2010年度20件/96件、2011年度20件/56件、2012年度30件/68件。環境省は、年度内に「省エネ・照明デザインフォーラム」を開き、受賞者に発表の場を提供。また、受賞施設の照明デザインの工夫やアイデアを一般の雑誌媒体などに掲載する他、取り組みの詳細を紹介するカラー冊子「省エネ・照明デザインブック(仮称)」を制作して、受賞施設の広報に努める。昨年度は5,000部発行し全部を各所に配布した。毎年ウェブでも公開している。

2012年度に公共施設・総合施設部門のグランプリを受賞した「東京むさし農業協同組合 本店」(東京都小金井市)は、「竹かご」をイメージしたルーバーで自然光を適度に取り入れ、照明と空調の省エネを実現した。条件や時間ごとに光や色を変えるLEDとセンサー類を導入し、天井の照明器具を排して間接照明と手元照明を活用。従来の全体照明に比べて消費電力を約53%削減した。

同農協ではグランプリ受賞後に施設視察の申し込み数が急増した。アワード参加を機に、これまで接点の無かった異業種との新たな交流も生まれているという。

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ