CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

コカ・コーラ 売上高2倍、水使用量の実質ゼロを目指す

イメージ

子どもたちの植林の様子

ザ コカ・コーラ カンパニー(本社 米ジョージア州)は、2010年を基点に2020年までに世界全体でビジネスの規模を2倍に成長させる長期成長戦略「2020Vision」を掲げている。その達成の条件として「サステナビリティ」に取り組むことを必須とし、水資源使用量の実質ゼロを目指す。使用した水の分だけ自然に戻す「ウォーター・ニュートラリティー」の現場を取材した。(オルタナS北海道支局長=横山光紀)

■「リデュース」「リサイクル」「リプレニッシュ」が原則

日本コカ・コーラ(東京・渋谷)を中心とした全国のボトラー各社、関連会社で構成されるコカ・コーラシステムは、使用した水の分だけ自然に戻す「ウォーター・ニュートラリティー」に取り組んでいる。

コカ・コーラシステムは、リデュース、リサイクル、リプレニッシュを掲げ、製品に使用する量と同等量の水をコミュニティおよび自然に還元し、相殺していく。製造現場で使用する量を削減し(リデュース)、工場で使った水は厳しい基準で配水(リサイクル)、そして使用した分を自然に戻す(リプレニッシュ)。

2020Visionの一環として、2020年には使用した水を100%還元する目標を掲げている。

北海道コカ・コーラボトリング(札幌市)が導入し、2012年3月に稼働を開始した「新マルチPETライン」では、従来のPETボトル充填ラインにはなかった様々な新技術が導入されている。

まず大きな特徴の一つが「エレクトロン・ビーム(EB/電子線)」殺菌方式だ。従来、PETボトルに製品を充填する際には、充填前に薬剤で洗浄していた。この方式は薬剤の代わりにエレクトロン・ビームを使用する。それにより、ボトル洗浄水の使用量を50%節水することに成功した。

トータルのエネルギー使用量も、地上水をポンプで組み上げる際の電力と比較して電子線を発射する際のコストは抑えられていると見積もられている。

さらにペットボトルの成型から充填までも一体化している「モノブロック構造」を採用し、工場内の省スペース省エネルギーを実現した。

このラインの導入によって、より多くの製品に対応することができるようになった。旧ラインでは製造可能な製品がおよそ30品種だったが、新ラインでは50品目まで増えた。

本州の各工場から津軽海峡を渡り北海道へ輸送してきて製品も、北海道で生産できるようになったという。北海道民がより多くの北海道でボトリングされた製品を手にすることが実現できる。

■微生物を利用した「ラグーン処理方式」で排水を浄化

同社札幌工場では、排水を排水処理施設で処理後、河川へ放流する。この処理はラグーン処理と呼ばれ、微生物が含まれた活性汚泥を利用する自己浄化サイクルを採用している。排出時には国内外の排水基準を遵守し、その基準を上回るコカ・コーラ独自の世界基準「KORE」が適用されている。組み上げた際の地下水の水質と同じ程度の水質になって河川に排出される。

■水源地では地域住民と植林活動も

8月9日~11日まで開催された全国各地の小学生から大学生までが集まる「コカ・コーラ環境フォーラム」のプログラムの中で、北海道コカ・コーラ札幌工場の水源地である白旗山(札幌市清田区)の湧水観察と植林が行われた。

日本各地のコカ・コーラ各社では積極的に環境保護活動に取り組んでいるが、北海道でも、様々な環境保護活動を地域住民とともに実施し、その歴史も長い。

数多くの環境活動の中でも、水資源保護の観点から「森に学ぼうプロジェクト」などを通じて、子どもたちに森とふれあいながら環境を考える場を提供している。

これまでは同社は、石狩郡当別町の道民の森で活動を行ってきたが、札幌工場の水源は白旗山であるという観点を意識し、白旗山の森づくりを開始した。今後50年をかけて、森づくりに取り組んでいくという。このような取り組みは全国の工場でも実施されている。

日本コカ・コーラ広報担当の尾縣香名子さんは「これまでも数多くの地域活動、環境活動を実施してきたが、目標を掲げ共通の意識を持って全社で体系立てて取り組みだしたのはここ最近の事だ」と語った。

「みんなが飲んでいるコカ・コーラ製品は、自分たちの住んでいる場所からくみ上げられた水が原料になっていることを意識してほしいということ。地域の方々とコカ・コーラで協力しながらこの活動を行っている」と強調する。

今回、千葉県から参加した団体の小学生は「自分の環境活動があまり周囲に認められず、落ち込むこともあった。だがこうして、全国にいる仲間達が集まり、自分たちだけじゃないことを知り、勇気をもらった」と語っていた。

一般消費者の厳しい視線にさらされながら、一貫した活動が常に求められているのが、グローバル企業の宿命だ。これまで培われた全国各地で行われた活動によって育った次世代がつながりだしている。

2020年、今回の活動に参加した子どもたちがいよいよ本格的に社会に目を向け始めるころ、コカ・コーラ社が地域とともにどれだけの目標を達成しているか期待したい。

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

このページの先頭へ