CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

高齢者需要も視野に、ヤマハ新型電動アシスト車いす

イメージ

電動アシストユニット「JWX-2」を装備した車
いす。軽い操作で楽に移動できる=17日、都内で

坂道でも軽々と移動――。ヤマハ発動機が8月21日に発売した車いす用電動アシストユニット「JWX-2」の試乗説明会が17日、都内で行われた。車輪にモーターを内蔵し、手動車いすに取り付けることで電動アシスト自転車のように人力を補助。障がい者の利用に加えて、体力が低下した高齢者による需要増も見込む。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

JWX-2は、同社が1996年に発売を開始した車いす用電動アシストユニット「JW-2」の後継機種。モーターが小型化されたことで様々な形状の手動車いすに取り付けられ、アシスト走行距離も従来の15kmから20kmに増加した。アシストモードは室内、屋外の2つが設定されており、専用のソフトウェアを使えば、使用者の体力や障がいの度合いに応じてアシスト力を細かく調整することも可能だ。

同ユニットを取り付けた車いすを実際に操作してみる。アシストがない手動状態では腕力を要する上り斜面も、スイッチを入れ、車輪外側の環状の取っ手(ハンドリム)に手を添えて軽く転がすように動かすだけでモーターによるアシストが加わり、軽々と進むことができた。

電動車いすは、ハンドルで操作する「電動カート型」、ジョイスティックなどで操作し重度の障がい者でも使用できる「普通型」、手動車いすに電動装置を後付けする「簡易型」の3タイプに大別される。電動アシスト車いすはその内の「簡易型」に分類され、同社の簡易型電動車いすの出荷量は1996年から2012年までの間に6倍以上に増えている。

JWX-2を開発した同社JW事業部の鈴木智行氏は「簡易型は電動カート型や普通型よりも取り回しが楽で、使用者の外出意欲にも対応できる。現時点では簡易型の需要は障がい者が中心だが、今後は高齢者の需要も増えていくのではないか」と話す。税込価格は34万3350円からで、国内での年間販売予定台数は300台。同ユニットは18日から20日まで東京ビッグサイトで開かれる「国際福祉機器展」で展示される。

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

このページの先頭へ