CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

ユニクロ、住民の要望で気仙沼の仮設店舗を通常店に「昇格」へ

イメージ

ユニクロ気仙沼店の完成イメージ

ファーストリテイリングは9日、衣料品チェーン「ユニクロ」のプレハブ仮設店舗である気仙沼店を、通常店舗に変えて新たに11月末にオープンすると発表した。ユニクロ気仙沼店は「ユニクロ復興応援プロジェクト」の一環として、昨年3月にプレハブ建設の仮設店舗としてオープンしていたが、地域住民から「品揃えを多くしてほしい」、「広いスペースにしてほしい」などの要望があった。(松島香織)

仮設店舗は食料品店、紳士服専門店、ファミリーレストランなどが近く、買い物客の「コミュニケーションの場」になっているという。新店舗の開店決定は、そんな買い物客と店員との会話の中から実現した。

新店舗の場所は現在の気仙沼市赤岩杉ノ沢から気仙沼市新庄となり、広さは仮設店舗の約5倍の528平方メートル、アイテム数も10倍の約400アイテムとなる。同社は今回の通常店舗の出店によって、服を選ぶ喜び、買い物をする楽しさなどを通じて 笑顔を広げ、少しでも地域住民の方の役に立ちたいとしている。

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ