CSR Topics

CSR Topics記事

バックナンバー一覧

ボディショップ、厚労省に動物実験廃止を要請へ

イメージ

ウサギの片方の眼に、試験物質を点眼し、
どのような刺激があるかを観察する
「眼刺激性試験」。眼を手足でこすら
ないように拘束器に入れられている

大手化粧品店「ザ・ボディショップ」を展開するイオンフォレスト(東京・千代田)の福本剛史社長は1月28日午前、厚生労働省を訪れ、化粧品の動物実験廃止を要請する。約11万7千筆の署名を田村憲久厚生労働大臣に提出する。フォアグラやフカヒレなど「動物愛護」や「残虐性の排除」について世界的に関心が高まっているなか、日本の行政のスタンスも問われそうだ。

1月28日午前11時に、イオンフォレストの福本社長、NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)の亀倉弘美理事、英国のNGO「クルーエルティフリー インターナショナル」のニック・パーマー氏の3人が田村厚労大臣に署名を提出する。

化粧品の動物実験では、うさぎやモルモットなど実験動物が使い捨てにされる実態が多数報告されており、世界規模の問題になっている。

欧州(EU)は2013年3月、化粧品の動物実験を全面的に禁止したほか、中国も今年6月から、国内生産の化粧品について、動物実験を禁止する方針を昨年11月に発表した。

イスラエルやインドでも動物実験の廃止に踏み切る予定だ。一方で、現在もなお、国数で80%の国で化粧品の動物実験が継続しているという。

英国に本社を置くザ・ボディショップは2012~2013年の2年間、クルーエルティフリー インターナショナルと共同で、各国の化粧品の開発における動物実験を廃止するための国際キャンペーンを展開しており、今回の厚労省への要請もその一環。同社は1976年の創業以来、自社製品の開発において動物実験は一切していないという。

これに対して国産化粧品メーカーの対応は総じて遅れている。資生堂とマンダムは昨年3月、動物実験を廃止(中国向けの製品を除く)したが、その他のメーカーの足取りは重い。

化粧品の動物実験を廃止するためには、代替法を開発しなければならず、膨大なコストがかかるためだ。花王、コーセー、カネボウなどの大手メーカーはこの問題について沈黙を続けている。

「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

「環境とCSRと志のビジネス情報誌」。CSR、LOHAS的なもの、環境保護やエコロジーなど、サステナビリティ(持続可能性)を希求する社会全般の動きを中心に、キャリア・ファッション・カルチャー・インテリアなど、幅広い分野にわたり情報発信を行う。
雑誌の他、CSR担当者とCSR経営者のためのニュースレーター「CSRmonthly」も発行。CSRの研究者や実務担当者など、約20名による最新情報を届けている。

オルタナについて詳細はこちら

CSRmonthlyについて詳細はこちら

定期購読のお申し込みはこちら

関連するページ

  • このページに関連する記事はありません

このページの先頭へ