Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

クラウドソーシングで社会問題の解決を図る

イメージ

世界が直面する社会・環境問題は深刻かつ多数にのぼり、一つの企業や国で解決を図ることは不可能である。気候変動や貧困等の分野横断的な課題に取り組むには、さまざまなステークホルダーの知見と技術、さらに資金やその他のリソースを結集して活用するようなイノベーションとパートナーシップが不可欠である。

2015年、ユニリーバは「ユニリーバ・ファウンドリ・アイディア ( Unilever Foundry IDEAS)」という新たな取組みに乗り出した。サステナビリティに関する各課題の解決を図るプロセスに、消費者と起業家を参画させるものである。オンラインのプラットフォームがハブとなり、ユーザーはプロジェクト案を投稿したり、他の人達からのアイディアを改善・発展するために力を合わせたりすることができる。ユニリーバはまず「浴用製品のリサイクル」、「節水型洗濯様式の再発明」、「より豪華でサステナブルな未来型シャワー」の3つの課題を提起し、300を超えるアイディアが寄せられた。同社は入賞したアイディアを製品化させるか、興味のある他企業を探ることを目指している。

ユニリーバは2010年以来、製品やパッケージのマーケティング・キャンペーンから事業アイディアを募る際にクラウドソーシングを活用している。イノベーターや新興企業がユニリーバ・ファウンドリ( Unilever Foundry)を通して同社のビジネスと繋がることで、双方にとってプラスとなる。同社にとっては、多くの時間を費やす市場調査やテストという従来の製品開発のプロセスを省くことができる。新興企業にとっては、ユニリーバとの協働により、世界規模の巨大な顧客ネットワークへアクセスすることにとどまらず、製品を展開するために必要な資金へのアクセスが可能となる。一例として、人工知能の開発を手掛けるデジタル・ジーニアス( Digital Genius) とユニリーバのブランドであるクノールがパートナーシップを組み、アジアおよびアフリカ市場で展開した「シェフ・ウェンディ( Chef Wendy)」がある。テキスト・メッセージを活用し、消費者が自宅にある食材でより良い食事を作るようレシピを提供するサービスである。この取組みは食品廃棄物の問題( food waste)を解決することも目指している。

地球規模でのサステナビリティの課題を解決すべくクラウドソーシングを活用している多国籍企業はユニリーバに限らない。化学会社BASFは2015年にクリエーター・スペース( Creator Space)プラットフォームを立ち上げ、科学者や業界の専門家、関係者が協働して、世界規模で解決策を共創する(コ・クリエート)ことを目指している。インドのムンバイでは水と栄養、上海では持続可能な都市居住、さらにドイツのルートヴィッヒスハーフェンではスマート・エネルギーやモビリティに取り組んでいる。GEもエコマジネーションと呼ばれるオープン・イノベーション( Open Innovation)プラットフォームを提供し、クラウドソーシングを活用してより良い未来のためのアイディア、提案や技術の集約を目指している。

より身近には先日香港の地下鉄MTR社(MTR)が若者を繋げるコミュニティ・イノベーション・プラットフォーム( Community Innovation Platform)を発表し、香港の若者の就職を支援する方法を探るべく専門家と一般市民に参画を呼び掛けている。香港が抱える問題として、若者のスキルや希望と、変動する労働市場での需要にズレが生じていることがある。卒業した若者が業界を問わずスムーズに就職できるよう、MTRは持続可能で、スケールアップが可能、さらにインパクトあるプロジェクトの共創を目指している。

現在は第一ステップの「調査」中で、問題を理解するために広く一般から実体験や意見を募っている。自身の就職経験を共有し刺激となっているほか、面接の練習の重要性や地元の学校で創造力を育む必要性など、あらゆる問題について話し合いを重ねている。

11日後に迫った第二ステップでは、寄せられた意見を踏まえてプロジェクトのアイディアを募る予定である。その後は、プロジェクト開発、改訂、さらにコミュニティ・アドバイザーおよび審査員パネルによる検討を経て、最終選考へ進むベスト・プロジェクトを絞り込む。最終的には広く一般からの投票を呼び掛け、入賞を果たしたプロジェクトには、スケールアップと香港でのプロジェクト実施のためにMTRが資金支援および現物支給の支援を行うことになる。

香港在住の読者の方は、MTRのホームページにアクセスし、ぜひご意見をMTR までお伝えしてはいかがでしょうか

執筆:サマンサ・ウッズ
CSRアジア週刊ニュース日本語翻訳版

    CSRアジア

    イメージ

    CSRアジアは、国内外でCSR、サステナビリティ戦略の普及・推進事業を行っている企業、組織と連携し、持続可能な社会の実現を目指しています。企業の社会的責任(CSR)における各種コンサルティング、リサーチ、研修等を通じ、持続可能なビジネスを実現できるよう支援しています。

    CSRアジアのホームページはこちら

このページの先頭へ