Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【国際】2018年版「世界で最も倫理的な企業」、世界135社が選出。日本は1社

イメージ

米企業倫理推進シンクタンクのエシスフィア・インスティテュートは2月12日、2018年度版「世界で最も倫理的な企業(World’s Most Ethical Companies)」を発表した。今年度の選出企業は23ヶ国135社。日本企業では唯一、花王が入った。

エシスフィア・インスティテュートは、2007年より毎年「世界で最も倫理的な企業」リストを発表している。企業の選出では、同社の独自評価手法であるEthics Quotient®(倫理指数)フレームワークが用いられている。この指数では、企業倫理・コンプライアンス・プログラム(35%)、コーポレートシチズンシップと責任(20%)、倫理文化(20%)、ガバナンス(15%)、リーダーシップ・イノベーション・評判(10%)で構成。従業員、投資家、顧客、その他あらゆるステークホルダーへの影響を包括的に理解しているかどうかが評価される。

エシスフィア・インスティテュートは、S&P500インデックスと、「世界で最も倫理的な企業」に選出された上場企業の過去5年のパフォーマンスを比較。選出企業の株価はS&P500より高く、倫理的であることの効果(エシック・プレミアム)が10.72%、過去3年間では4.88%もあるとした。

 選出企業の国別数は、米国が106社と圧倒的に多数。英国、フランス3社、カナダ、スウェーデン、アイルランド、インドが2社。米国選出企業は、3M、アフラック、デル、イーライリリー、インテル、ケロッグ、リーバイ・ストラウス、リンクトイン、マンパワーグループ、マリオット・インターナショナル、マスターカード、マイクロソフト、ペプシコ、プルデンシャル生命保険、スターバックス、UPS、ビザ、ゼロックスなど。英国ではマークス&スペンサー、フランスではロレアル、シュナイダーエレクトリック、スウェーデンのH&Mなどが選出された。アジア地域では、日本の花王、台湾の信義房屋、シンガポールのシングテル、香港のウィリアム・E・コナー・アンド・アソシエイツの3社。また、インドの2社は、タタ・スチールとウィプロ。

【参照ページ】ethisphere.com
【選出企業】World’s Most Ethical Companies

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら]

2018/02/16
Sustainable Japan

    Sustainable Japan

    イメージ

    Sustainable Japanは、世界のサステナビリティ活動に関する情報を日本語でお届けするオンラインメディアです。これまで日本国内であまり紹介されてこなかった、海外の事例や海外の考え方に焦点を置き、サステナビリティに不可欠な3つの要素(環境・社会・経済)の統合に向けた取組をお届けしています。

    Sustainable Japanのホームページはこちら
    Facebook
    twitter

このページの先頭へ