Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

どこまで進展? ジュエリーのエシカル度合

イメージ

女性誌FraUでの1冊丸ごとSDGs特集が話題になっています。

ファッションやコスメの業界では、「エシカル」が雑誌などでも特集される機会も増えています。

私は最近、ジュエリーの世界でエシカルに触れる機会がありました。

国内の老舗ブランド、海外の大手ブランド、ソーシャルなブランドなどのショップを訪ねた際、エシカルに対する取り組みにも注目して各社を見てみました。
ジュエリー業界では、ゴールドやプラチナなどの素材が どこでどのように採掘され、加工、流通しているかがポイントになります。 今回はダイヤモンドの話を中心にご紹介します。

紛争ダイヤモンドではないことを証明する「コンフリクト・フリー認証」は、 どこで聞いても、取得しています、紛争ダイヤモンドは使っていません、 との答えが返ってきました。
(積極的に説明するところは少数でしたが)

それもそのはずで、新規に産出されるダイヤモンドの99.8%が、 すでに認証取得済みとなっています。

コンフリクト・フリーであることを証明するのは、 2003年に設立されたキンバリー・プロセス認証制度です。 映画「ブラッド・ダイヤモンド」で国際的な関心も高まり、 紛争ダイヤモンドの削減に貢献してきました。

しかし一方で、現在の仕組みについては長年、問題点が指摘されています。
対象が武装勢力の資金源につながるダイヤモンドのみに限定され、 政府による人権侵害や、児童労働や強制労働などを対象にしていないこと。 違反を取り締まるための監視や制裁がないこと。

またトレーサビリティの観点では、個々のダイヤについて、 産出国以上は、産地がどこかまではほとんど追跡できていません。

人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチが 国際的なジュエリー企業13社を対象に行った調査でも、 完全に追跡できているところはほぼなく、 人権侵害を予防し悪影響を排除するためのプロセスについては 既存の制度や業界に依存し、人権に関して企業に要求される国際的な水準を達成するための 自社としての取り組みが不十分である点が指摘されています。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ: バレンタインデー:汚れた宝飾サプライチェーン

イメージ

評価のトップはティファニーで、カルティエやブルガリが続きます
認証制度自体の改善も進められていますが、 NGOからは不十分との強い指摘を受けています。

トレーサビリティを改善する動きとしては、 IBMが業界団体と連携してブロックチェーンを活用した追跡システムの実装を進めるなど 新しい取り組みも出てきています。

百貨店でエシカルブランドの展示販売が日常的に行われるなど、 社会の関心も確実に高まっています。

各社は認証があるからよしで済ませるのではなく、 難しさも含めてコミュニケーションしつつ、 取り組みを次の段階に進める時に来ています。

*ちなみに私はご縁があったR Ethicalで購入しました

EcoNetworks
Sustainability Frontline [原文はこちら]


    エコネットワークス

    イメージ

    エコネットワークスは、CSR・サステナビリティに関する調査、言語、エンゲージメントを支援しています。また、世界に広がるパートナー・専門家のネットワークを通じて、各地の課題や先進企業の動向をウォッチし、情報発信をしています。

    エコネットワークスのホームページはこちら

関連するページ

このページの先頭へ