get('status') == 't'){ //会員データが削除されていないか確認 if($login->isMember($wpdb)){ //閲覧ログの発行 $login->log($wpdb,$_SERVER['REQUEST_URI']); }else{ //会員データが削除されている //ログインセッション及び自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); unset($_SESSION['login']); } } }else{ // ログインセッションが存在しない //ログインCookieによる自動ログイン $member_id = LIB::isAutoLogin($wpdb); if($member_id){ $login = new LOGIN($config); $result = $login->cookieLOGIN($wpdb,$member_id); if($result){ $login->login_count($wpdb); $_SESSION['login'] = serialize($login); }else{ //自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); } } // ログイン前提のページセッションがなければリダイレクト if(is_page(array(MEMBER_UNSUBSCRIBE,MEMBER_EDIT))){ header('Location: /'); } } ?> CSRコミュニケート » 【国際】ILO、労働安全衛生分野で報告書発表。テクノロジーや人口動態、気候変動等が新たなリスクに » Print

- CSRコミュニケート - https://www.csr-communicate.com -

【国際】ILO、労働安全衛生分野で報告書発表。テクノロジーや人口動態、気候変動等が新たなリスクに

Global CSR Topics | 2019/04/22

イメージ

国際労働機関(ILO)は4月15日、「労働安全衛生世界デー」の4月28日の前に、労働安全衛生(OSH)分野でのILOの過去100年間の活動と、現在の課題をまとめた報告書を発表した。

ILOは、第1次世界大戦後の1919年に発足し、今年で100週年を迎える。発足前の1911年には、ニューヨークのアパレル工場火災で145人が死亡。1913年には炭鉱事故で439人が死亡。1917年には英国ハリファックスで船体衝突事故が起き2,000人が死亡する大惨事も発生した。これらの事故も踏まえ、劣悪な労働環境への懸念が高まり、炭疽病予防勧告、鉛有害(女性・子供)勧告、白リン勧告等を発足後立て続けに制定した。ILOは現在も数多くの国際労働基準を制定し続けている。

今後の課題としては、テクノロジーの進化、人口増加や高齢化、気候変動による健康悪化や産業構造変化、労働形態の多様化による労働管理の難易度増加等を挙げた。ILOは、これらを新たな労働安全衛生リスクととらえ、対処していく考え。

[1]

(出所)ILO

労災死亡者の原因も地域ごとに異なる。アフリカでは依然、感染症によるものが多い。欧米では、仕事由来のがんや循環器系疾病による死亡が多い。

日本でも、4月7日に千葉県君津市にある「君津共同火力」の発電所敷地内で、作業員2人が高さ約30mの櫓から転落死する事故が発生した。君津共同火力は、東京電力グループと中部電力が折半出資するJERAと、日本製鉄が50%ずつ株式を保有。日本製鉄の製鉄所で発生するガスで発電し、製鉄所や東京電力エナジーパートナーへ売電している。

【参照ページ】New safety and health issues emerge as work changes [2]

【報告書】SAFETY AND HEALTH AT THE HEART OF THE FUTURE OF WORK [3]

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら] [4]

2019/4/20
Sustainable Japan


CSRコミュニケート: https://www.csr-communicate.com

ページのURL: https://www.csr-communicate.com/global/20190422/csr-43810

ページ中のURL

[1] 画像: https://www.csr-communicate.com/content/uploads/2019/04/csr-43810_01.JPG

[2] New safety and health issues emerge as work changes: https://www.ilo.org/global/about-the-ilo/newsroom/news/WCMS_686571/lang--en/index.htm

[3] SAFETY AND HEALTH AT THE HEART OF THE FUTURE OF WORK: https://www.ilo.org/wcmsp5/groups/public/---dgreports/---dcomm/documents/publication/wcms_686645.pdf

[4] [原文はこちら]: https://sustainablejapan.jp/2019/04/20/ilo-osh-report/39068

[5] Sustainable Japanのホームページはこちら: http://sustainablejapan.jp/

[6] Facebook: https://sustainablejapan.jp/2018/04/20/starbucks-racial-bias-education/35975

[7] twitter: https://twitter.com/SustainableJapa

Copyright © 2009-2011 CSRコミュニケート. All rights reserved.