get('status') == 't'){ //会員データが削除されていないか確認 if($login->isMember($wpdb)){ //閲覧ログの発行 $login->log($wpdb,$_SERVER['REQUEST_URI']); }else{ //会員データが削除されている //ログインセッション及び自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); unset($_SESSION['login']); } } }else{ // ログインセッションが存在しない //ログインCookieによる自動ログイン $member_id = LIB::isAutoLogin($wpdb); if($member_id){ $login = new LOGIN($config); $result = $login->cookieLOGIN($wpdb,$member_id); if($result){ $login->login_count($wpdb); $_SESSION['login'] = serialize($login); }else{ //自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); } } // ログイン前提のページセッションがなければリダイレクト if(is_page(array(MEMBER_UNSUBSCRIBE,MEMBER_EDIT))){ header('Location: /'); } } ?> CSRコミュニケート » 【アメリカ】アルファベット、租税回避「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」を止めたと発表 » Print

- CSRコミュニケート - https://www.csr-communicate.com -

【アメリカ】アルファベット、租税回避「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」を止めたと発表

Global CSR Topics | 2020/01/04

csr-44390

米グーグル親会社のアルファベットは1月1日、租税回避策として知られる「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」手法を今後活用しないと発表した。

ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチは、アイルランド法人を2つ、オランダ法人を1つ、英領バミューダ諸島法人を挟み、事業収入を「ライセンス」という知的財産権の形で巧みに各法人で売上を立てることで、各国の税法をくぐり抜け、米国で課税される法人税を大幅に下げる戦略。米アップルが1980年代に編み出したと言われており、グーグルも長年、この戦略により法人税を極限まで抑えていた。

これまで法人税を課税できずにいた米内国歳入庁(IRS)は2017年、米国の税法を改正し、2020年末までに「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」をしていても法人税を課税できる対策を打っていた。今回のアルファベットの動きは、これを見据えたものと考えられている。英紙ロイターによると、アルファベットは2017年、オランダ法人経由でバミューダ諸島諸島法人に199億ユーロ(約2.2兆円)、2018年には218億米ユーロ(約2.6兆円)の利益を移転していたという。

グーグルは2019年12月、日本でも法人税を支払う方針に切り替えたと発表している。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら [1]]

2020/1/3
Sustainable Japan


CSRコミュニケート: https://www.csr-communicate.com

ページのURL: https://www.csr-communicate.com/global/20200104/csr-44390

ページ中のURL

[1] 原文はこちら: https://sustainablejapan.jp/2020/01/03/alphabet-beps/45192

[2] Sustainable Japanのホームページはこちら: https://sustainablejapan.jp/

[3] Facebook: https://sustainablejapan.jp/2018/04/20/starbucks-racial-bias-education/35975

[4] twitter: https://twitter.com/SustainableJapa

Copyright © 2009-2011 CSRコミュニケート. All rights reserved.