Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【イギリス】雇用審判所、エシカル・ビーガンを法的保護対象となる信条の一つと認識。従業員解雇裁判

csr-44396

英雇用審判所は1月3日、エシカル・ビーガンは、差別からの法的保護対象だとする判決を下した。エシカル・ビーガンとは、食生活上のビーガンのように植物由来のみを食するだけでなく、羊毛や革製品を着用せず、動物実験を行った製品も利用しない考えのこと。

原告のJordi Casamitjana氏は2019年12月、勤務先のLeague Against Cruel Sports(LACS)の企業年金が、動物実験を行う企業に対し投資する点を同僚に話したところ不当に解雇されたとして告訴していた。

今回、審判所は、LACSの解雇を不当とはせず、同氏の主張を全面的に認めたわけではない。しかし、エシカル・ビーガンは「2010年平等法」の下で保護される信条だと判断されたことで、エシカル・ビーガンの訴えに耳を傾ける土壌を築いた。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら]

2020/1/10
Sustainable Japan

このページの先頭へ