Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

アメリカ初。バーモント州が生ごみの堆肥化を義務に

csr-44896

アメリカ・バーモント州は、全米で初めて「生ごみ」をごみ箱に捨てることを禁止した州だ。2020年7月1日から適用された環境に関する法律「ACT 148」では、使い捨てプラスチックのストローやビニール袋、使い捨て容器の利用禁止などに加えて、生ごみの堆肥化が義務とされている。

対象となる生ごみは、野菜の皮や種、卵のから、コーヒーかす、茶殻、そして食べ残しなど。同州は、家庭でのコンポストの設置のほか、リサイクル業者に食品ロスを送ることを推奨している。また、政府のウェブサイトにて市民が具体的にどう行動すればいいのかを示すガイダンスを用意するほか、堆肥化について学ぶワークショップなども実施し、本気でごみを減らすよう取り組んでいる。




なぜ生ごみを捨てることを禁止したのか。バーモント州では、家庭ごみのうち生ごみが約4分の1を占める。また、レストランやカフェといった飲食店から出される廃棄物では、食品ごみが全体のごみの半分以上にもなるという。もしこれらの食品ごみが埋立地に送られた場合、酸素がない状態で分解されることとなるため、CO2よりも84倍も強力な温室効果ガスであるメタンが20年間にわたり、発生し続ける。これらを捨てずに堆肥化することは、重要な気候変動対策なのだ。

今回の取り組みにより、州全体の食品リサイクル・堆肥化率は、30%から60%に向上する見込みで、成功すればアメリカ国内で最も環境対策が進んだ地域の仲間入りを果たす。

カナダ国境に面し、米国で6番目に大きな淡水湖「シャンプレーン湖」のあるバーモント州。美しい自然に囲まれ、環境への意識が高い地域ならではのダイナミックな取り組みだ。これからの効果を期待したい。

【参照サイト】 Department of Environmental Conservation, Vermont

2020/7/20
IDEAS FOR GOOD
[原文はこちら]

    IDEAS FOR GOOD

    イメージ

    IDEAS FOR GOOD は社会を「もっと」よくするアイデアを集めたウェブメディアです。最先端のテクノロジーから、思わず「なるほど!」と言いたくなる秀逸なデザインや広告、政府の大胆な取り組みにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをお届けします。

    IDEAS FOR GOODのホームページはこちら

このページの先頭へ