Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

サプライチェーン専門家の半数以上、今後2年間でサーキュラーエコノミー戦略への注目が高まることを予測。米ガートナーが発表

米リサーチ&アドバイザリ企業のガートナーはこのほど、サプライチェーン専門家の51%がサーキュラーエコノミー戦略への注目が今後2年間で高まると予測しているとの調査報告を発表した。

同社は2020年5月と6月に、南北アメリカと欧州、中東とアフリカ、アジアとオセアニア地域のハイテク産業・食品飲料など幅広い業界のサプライチェーンおよび関連機関を担当する528人の専門家を調査した。その結果、専門家らはサーキュラーエコノミー戦略への注目が高まると予測していることがわかった。その理由は以下の2つである。

  • 消費者は大規模な購入を望んでいない可能性があり、サービスとしての製品(PaaS)モデルがより魅力的になる
  • サーキュラーエコノミーは、使用済み製品からの原材料確保の量を増大させる可能性がある。チーフサプライチェーンオフィサー(CSCO)はサーキュラーエコノミー戦略を使用して、混乱時の原材料確保を強化できる

ガートナー・サプライチェーン・プラクティスのシニアディレクターアナリストであるサラ・ワット氏は、「新型コロナウイルス感染症の蔓延は、危機的状況において原材料の入手が困難になった場合、グローバルサプライチェーンの強みが弱みに変わる可能性があることを示しました。CSCOにとってサーキュラーエコノミーは、原材料の回復力を向上させ、原材料消費を経済成長から切り離す絶好の概念です」と述べている。

しかしながら、組織は使用済み製品へのアクセスと再生に苦心しており、サプライチェーンの主要関係者は以下の4つの課題に直面している。


1.使用済み原材料の所有権

ほとんどのサプライチェーン内の組織は、販売時に製品と原材料の管理を失う。これは、製品が寿命を迎えたときに、消費者から再びアクセスできるようにする必要があることを意味する。ハイテク製品は自動返却されるため、リースモデルとサブスクリプションモデルが好まれる。ワット氏は、「組織は使用済み材料にアクセスするために、新しい方法で顧客と関わりを持つ必要があります。多くのサプライチェーンは新しいビジネスモデルやインセンティブに依存していますが、35%は顧客の善意に依存しています」と語る。


2.原材料の量

重要な課題の一つは、経済性を確保するために、使用済み製品を収集して集約化することだ。ほとんどのサプライチェーン組織は、廃棄物販売会社と原材料提供社、リバースロジスティクス提供社と協力して原材料にアクセスしている。


3.原材料の価値

サーキュラーエコノミーは、いまのところはまだ経済的でなくてはならず、残余価値の低い製品は加工される可能性が低くなる。「製品寿命を迎えた残余価値の低い原材料を回収する価値がある理由はいくつかあります。これらを回収することは、価格変動に対するヘッジとして機能し、組織の原材料確保を向上させることができます。使い捨てプラスチックなどの特定の材料に対する顧客の感情も変化しており、行動のきっかけとなっている評判リスクが現れています」とワット氏は述べている。


4.製品の複雑さ

製品が複雑でないほど、再処理が簡単で安価になる。複雑さを克服する簡単な方法の一つは、原材料を再生利用するためにリサイクルすることだ。しかし、リサイクルは製造された製品が消滅するため、価値の損失につながる。同調査では、回答者の24%のみが組織がリファービッシュ(中古品を整備して新品同様の状態にすること)に関与していると述べた。通常リファービッシュは環境への影響を減らし、組織が迅速に再販できるため、リサイクルよりも価値がある。「製品設計は、製品の寿命管理においてとても重要です。有害物質を含む不十分な設計が行われた製品は、処理して市場に戻すのが非常に困難で、費用が高くなる可能性があります」とワット氏は結論づけている。


【プレスリリース】Gartner Survey Finds More Than Half of Supply Chain Professionals Expect a Greater Focus on Circular Economy Strategies over the Next 2 Years

2020/11/30 Circular Economy Hub
[原文はこちら]

    Circular Economy Hub

    CEH_logo2_CMYK_200316

    Circular Economy Hub は、サーキュラーエコノミーに関するプラットフォームです。国内外のサーキュラーエコノミーに関する最新情報や事例、洞察、イベント・ワークショップ、体験プログラム、ネットワーキング、マッチングなどを通じて企業や団体、自治体の活動を支援します。

    Circular Economy Hubのホームページはこちら

このページの先頭へ