Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

偽のコスメショップがDV被害者を救う。ポーランドの女子高生が立ち上げたFacebookページ

csr-45946

新型コロナウイルス流行に伴うロックダウンにより、家庭内暴力(以下、DV)の被害が世界的に増加している。国連女性機関(UN Women)によると、シンガポールやキプロス島では、DVからの助けを求める声が30%以上増加し、その傾向は他の多くの国でも確認されている。

このようなDV被害の増加を憂い立ち上がったのが、ポーランドの女子高校生・Krysia Paszkoさんだ。Paszkoさんは2020年4月、コスメショップかのように見えるDV被害者支援のFacebookページ『Rumianki i Bratki(カモミールとパンジーの意)』を立ち上げた。


こちらのFacebookページ『Rumianki i Bratki』は、一見すると、フェイスクリームやボディローションなどの商品が紹介されているコスメショップのページのよう。しかし、画面の向こう側にいるのはカスタマーサービスの担当者ではない。そこにいるのは、首都ワルシャワにある女性の権利センターの特別な訓練を受けた、心理学者や弁護士たちで構成されたボランティアチームだ。

ページ上では、「肌の調子」や「コスメ」に関する質問が暗号として使用されており、DVの被害を受けた人は、この暗号を使ってメッセージを送ることで助けを求めることができる。暴力を受ける人の中には、パートナーなどからメッセージアプリのチャットまで監視されている人もおり、その場合、加害者が同じ部屋にいると助けを求めることは難しい。そんな状況を考慮してつくられたのが、今回の偽のコスメショップページなのだ。

これまでに約500人のDV被害者が、無償で提供されるアドバイス(法的なアドバイスも含む)に救われており、相談者の大半が若い女性であったものの、男性からの相談もあったという。


パンデミックが起こり始めた当初、Paszkoさんはロックダウン下でDVが増加している事実を知り、「何か行動を起こさなければいけない」と感じ、活動を始めた。そのときに参考にしたのが、「薬局で『19番のマスクが欲しい』と言うと、虐待の被害を受けていることを暗示的に伝えられる」というフランスで考案されたアイデアだった。

DVの被害状況の深刻化は、日本も例外ではない。2020年4月~9月のワンストップ支援センターへの相談件数は、前年同期比で15.5%増えたと報告されている。国や各都道府県、市町村などによるDV被害者への情報提供や相談センターの設置なども行われているが、我慢や辛抱が美徳とされてきた日本においては、DV被害に遭っていても周りの人に助けを求めづらいケースも少なくない。被害のエスカレートを防ぐためには、今回Paszkoさんが始めたような画期的な取り組みが必要なのかもしれない。

【参照サイト】

【関連サイト】 LastObject

2021/7/13
IDEAS FOR GOOD
[原文はこちら]

    IDEAS FOR GOOD

    イメージ

    IDEAS FOR GOOD は社会を「もっと」よくするアイデアを集めたウェブメディアです。最先端のテクノロジーから、思わず「なるほど!」と言いたくなる秀逸なデザインや広告、政府の大胆な取り組みにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをお届けします。

    IDEAS FOR GOODのホームページはこちら

このページの先頭へ