Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

建物から出るCO2が素材に。カナダの「石けんづくり」事例に学ぶ

csr-46877

私たちが日常でよく使う、石鹸。CO2を回収して作った石鹸があると聞いたら、使ってみたいだろうか。

カナダ政府によると、同国では住宅、商業施設、オフィスビルから排出される温室効果ガスが、国全体の温室効果ガス排出量の17%を占めるという(※1)。

そんなカナダの企業であるCleanO2 Carbon Capture Technologies Inc.は、建物の天然ガス暖房設備から排出されるCO2を回収時に製造される副産物から作った、固形石鹸や液体石鹸を販売している。

固形石鹸の香りは、アーモンド、アロエ、ミント、バラなど様々で、1個8カナダドル(約830円)で販売されている。これらの石鹸を使っても、CO2が再び大気中に放出されることはないという。


どのような仕組みで、石鹸が作られるのだろうか。同社は、「CarbinX」という冷蔵庫2台分ほどの大きさのCO2回収装置に水酸化カリウムを入れ、ボイラーから排出されるCO2を吸収することで炭酸カリウムを製造する。この炭酸カリウムを石鹸に加えると、石鹸の泡が柔らかくなるそうだ。

炭酸カリウムは石鹸以外に、洗剤や肥料にも使うことができる。商業施設などにCarbinXを導入して作った洗剤を、その場で活用できたら便利ではないだろうか。

同社によると、CarbinXを1台導入することで年間6~8トンのCO2を削減できる。これは、約300本の木が1年間に吸収するCO2量に相当するという。

「CarbinXを稼働させるのに、多くのエネルギーを使うのではないか」と気になる人がいるかもしれない。この装置は、暖房器具から出る排気ガスの熱と、CO2を反応させる際に発生する熱を回収し、建物内で使用する温水器の補助をすることによって、ガス料金を約20%節約できる。

CarbinXは2022年7月現在、カナダ、アメリカ、日本に導入されている。日本では2021年に東京ガスが、CleanO2との共同検討や国内での実験を重ね、独自の製造技術の開発に成功したと発表した。同社は、顧客企業のCO2排出量削減を支援することを目指している。

CleanO2の石鹸の配送エリアは、カナダとアメリカだ。同社は配送時に排出されるCO2をオフセットするため、1回の注文ごとにマングローブの木を1本植えるという。

これらの地域に住んでいる人は、ぜひ石鹸を試してみてはどうだろうか。

※1 Helping Canada’s building sector go green

【参照サイト】 CleanO2

【関連記事】 米化粧品大手コティ、工場で回収したCO2を香水へ

2022/7/26
IDEAS FOR GOOD
[原文はこちら]

    IDEAS FOR GOOD

    イメージ

    IDEAS FOR GOOD は社会を「もっと」よくするアイデアを集めたウェブメディアです。最先端のテクノロジーから、思わず「なるほど!」と言いたくなる秀逸なデザインや広告、政府の大胆な取り組みにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをお届けします。

    IDEAS FOR GOODのホームページはこちら

このページの先頭へ