Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

「最近どう?」男性が精神的な悩みを相談できるヘアサロン

csr-46882

英国では毎週、125人もの人々が自死を選んでいる──そんなショッキングな事実を知っている人は、きっと少ないだろう。

英国でメンタルヘルスケア活動を行う慈善団体・CALMのデータによると、英国では週に125人が自殺で死亡しており、そのうち75%は男性なのだという。英国政府も、自殺は45歳未満の男性の主な死因の一つになっていると発表し、2018年には世界初となる「自殺予防担当大臣」を新設した。

そうした深刻な課題に対するアプローチが、2022年7月、首都ロンドンで登場した。英国のフィットネスアパレルブランド・Gymshark(ジムシャーク)が、精神的な悩みを相談できる男性向け理髪店をオープンしたのだ。同店はポップアップストアとして1週間限定で営業し、期間中は無料でヘアカットサービスを提供するという。

同店のスタッフは全員、メンタルヘルスに関するトレーニングを受けた理容師だ。そのためサービス利用者は、理容師との会話のなかで気軽に悩みを相談することができる。取り組みの目的は、悩みを吐露する場がない成人男性にとってのセーフスペースを作ることだ。

GymsharkがCALMと共同で行った調査によると、精神的な問題を抱える男性たちの多くは、医者やセラピストのもとへはなかなか足を運ばない一方で、理容室には足を運んでいることが明らかになったそうだ。そうした調査結果を踏まえ、Gymsharkは今回のキャンペーンの実施に踏み切ったという。

今回のキャンペーンは、Gymsharkが社を挙げて取り組む「DELOAD」というメンタルヘルスプロジェクトの一環だ。同社はフィットネスアパレルブランドとして、体を鍛えることを奨励する情報発信をSNS上で行うなど、身体的健康の増進に繋がる啓蒙活動を兼ねてから行ってきた。しかし、「ウェルビーイングのためには、肉体的な健康に加え、精神的な健康も必要不可欠」という考えのもと、精神的健康の維持・増進も促すために、新たにDELOADプロジェクトを発足させたのだ。

Gymshark公式インスタグラムより

DELOADプロジェクトでは、米国のJEDや英国のCALMなどの慈善団体と提携し、今回のようなポップアップキャンペーンを行う他、ポッドキャストでの情報発信などを行うという。

新しい世代が自分が身にまとうブランドを選ぶ基準として、社会課題への取り組みの有無が、重要な要素の一つになりつつある。Gymsharkの今回の取り組みは、多くの男性のメンタルヘルスを向上させるものであると同時し、「人々のウェルビーイングの向上に積極的に取り組んでいるブランド」としてのイメージを高める好例だろう。

【参照サイト】

2022/8/4
IDEAS FOR GOOD
[原文はこちら]

    IDEAS FOR GOOD

    イメージ

    IDEAS FOR GOOD は社会を「もっと」よくするアイデアを集めたウェブメディアです。最先端のテクノロジーから、思わず「なるほど!」と言いたくなる秀逸なデザインや広告、政府の大胆な取り組みにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをお届けします。

    IDEAS FOR GOODのホームページはこちら

このページの先頭へ