Global CSR Topics

Global CSR Topics

バックナンバー一覧

【アフリカ】ウォーターエイド、ヒルトン財団とハイネケン財団から3.7億円の寄付。WASH活動支援

csr-46948

国際水・衛生NGOウォーターエイドは9月13日、コンラッド・ヒルトン財団から149万米ドル(約2.1億円)の寄付を受け取り、アフリカの医療施設での水・衛生(WASH)アクセス改善に向けた政策アドボカシーを行う1年間のプログラムを開始すると発表した。

同プログラムは、エチオピア、ガーナ、ウガンダに焦点を当て、第一線で働く医療従事者や患者、周辺コミュニティが清潔な水や手洗い場、適切なトイレへのアクセスを確保できていない課題に対処する。現地では、危険な労働環境、病気の拡大、母親や新生児の健康リスクの増大につながっている。

具体的には、水・衛生とそれらが医療施設に及ぼす影響との関連性を示すデータを分析し、現地、地域、国レベルでの政策決定に役立てる。また、女性の権利団体、医師会、非政府組織(NGO)、地域社会のリーダー等と連携し、キャパシティビルディングを行う。地元の保健当局者や政府指導者へも研修を行う。

またハイネケン・アフリカ財団も9月15日、ウォーターエイドに112.5万ユーロ(約1.6億円)の寄付を発表。ナイジェリア、南アフリカ、ルワンダ、モザンビーク、エチオピアの5カ国で、将来のパンデミックに備えた水・衛生対策を行う。

両団体は、2020年以降協働しており、同5ヶ国で3700万人以上を対象に新型コロナウイルス・パンデミック拡大防止のための緊急対応活動を支援。すでに両者で280万ユーロ(約3.8億円)を活動団体に寄付してきた。テレビ、ラジオ、印刷物での広報キャンペーンや、市場、学校、保健センターに1,400以上の手洗い場を設置し、170万人がアクセスできるようになった。衛生研修の受講生も1,800人以上に達している。

【参照ページ】

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所 [原文はこちら]

2022/9/24
Sustainable Japan

このページの先頭へ