Global CSR Topics

Global CSR Topics 一覧

  • 2021/03/30

    IDEAS FOR GOOD

    米化粧品大手コティ、工場で回収したCO2を香水へ

    コティは、2020年11月時点で世界最大のフレグランス企業となった、アメリカの化粧品メーカーだ。バレンシアガやクロエなどのフレグランスも展開している。同社はこれまで、香水を製造する際に、サトウキビやテンサイなど天然の原料から作ったエタノールを使用してきた。しかし、これらの植物を栽培するには大量の土地、水、肥料が必要で、環境への影響が大きい。たとえばサトウキビの大規模栽培は、森林破壊、土壌劣化、生物多様性の減少につながることがある。

    さらに詳しく

  • 2021/03/29

    IDEAS FOR GOOD

    糞尿が列車を動かす。地域に合った技術から循環を生む、英のプロジェクト

    先進各国がガソリン車の将来的な廃止を決定し始めるなど、「持続的な発展」や環境に優しいエネルギーに注目が集まっている。消極的だった米国も、トランプ政権下で離脱した地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」にバイデン政権が復帰を決めた。世界での動きはさらなる加速が見込まれる。

    さらに詳しく

  • 2021/03/29

    Sustainable Japan

    【日本】RE100企業53社、日本政府に2030年までの再エネ50%以上を要求。日系・外資企業

    国際環境NGOのThe Climate Group(TCG)が運営する事業電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟する53社は3月22日、日本政府に対し、カーボンニュートラルへの転換を急速に進めるために、2030年までの再生可能エネルギー目標を50%以上にまで高め、現行目標の倍以上にすることを求める共同書簡を送付した。日本企業だけでなく、日本で事業展開する外資大手も参画した。

    さらに詳しく

  • 2021/03/26

    Sustainable Japan

    【ヨーロッパ】P&G、アリエールのCO2排出量削減2030年目標を発表。LCA実施、低温水での洗濯を啓蒙

    消費財世界大手米P&Gは3月11日、2030年までに同社洗濯用洗剤ブランド「アリエール」の製品ライフサイクル全体の二酸化炭素ネット排出量をゼロにする目標を発表。その一環で、同社サプライヤーと協働し、低温での洗濯を可能にし、商品使用での二酸化炭素排出量を削減する。今回のアクションは、2030年までに全主要ブランドでの責任ある消費を促進する同社サステナビリティ目標の一環。

    さらに詳しく

  • 2021/03/26

    IDEAS FOR GOOD

    あなたの家の「家事分担」はフェア?対話を促すイケアのゲーム

    新型コロナウイルス感染症の広がりを防ぐため、家で過ごす時間が増えた。家族と一緒に暮らしている人にとっては、パートナーや子供との時間が以前より増えたものの、それに伴う料理や掃除など家事の責任も増え、なぜ自分だけこんなにせかせかと家事をやらないといけないのか、いっそ出社してくれた方が嬉しいのだけど…… などと不満に思ったこともあるかもしれない。

    さらに詳しく

  • 2021/03/26

    Circular Economy Hub

    国連環境計画、食品ロスに関する最新レポートを発表。世界の食品の17%が廃棄

    国連環境計画(UNEP)はこのほど、2019年に地球上で推定9.3億トンの食品が家庭・小売業者・レストラン・外食産業などによって廃棄されたと発表した。これは消費者が利用できる食品全体の17%に相当する。2030年までに食品ロスを半減させるための世界的な取り組みを支援するため行われた調査の結果、明らかになった。

    さらに詳しく

  • 2021/03/25

    Circular Economy Hub

    英国初、「修理する権利」を消費者に付与。電化製品に対する新基準を今夏導入へ

    英国政府は3月10日、冷蔵庫や洗濯機などの電化製品に対し、電力消費における新基準を今夏に導入し、製造者に対する規制の強化を行う方針を公表した。

    さらに詳しく

  • 2021/03/25

    Circular Economy Hub

    南オーストラリア州、3月1日より使い捨てプラスチック製品の使用を禁止

    南オーストラリア州政府は、3月1日より使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する措置を発表、開始した。ストロー・マドラー・カトラリーの販売や提供、州全体への配布が禁止される。

    さらに詳しく

  • 2021/03/22

    IDEAS FOR GOOD

    ガラスの代わりになる。米国で研究が進む「透明な木材」とは

    私たちにとって、重要な素材であるガラス。家やビルにはもちろん、電車やスマートフォンの画面など身の回りのあらゆるものにガラスは使用されている。そんな私たちの生活に欠かせないガラスの生産には、膨大なエネルギーが必要であることをご存知だろうか。例えば、2010年の1年間にガラス製造のため使用された天然ガスは、熱量にして約36兆カロリーに相当。ガラスの製造は、知らず知らずのうちに気候変動に影響を与えているのだ。

    さらに詳しく

  • 2021/03/22

    Sustainable Japan

    【日本】札幌地裁、同性婚を合法化しない国の行為を違憲と判決。日本初の司法判断

    札幌地方裁判所の武部知子裁判長は3月17日、複数の同性カップルが国を相手取り、同性婚を認めないことを不当とし提訴した裁判で、日本史上初めて、同性婚を認めないのは違憲とする判決を下した。法の下の平等を定めた憲法14条に違反すると判断した。但し、原告が求めていた損害賠償については棄却した。

    さらに詳しく

過去のグローバルCSRニュースをご覧になりたい方へ(2004~2013)

Cetus&General Press CSR NEWS
「Cetus&General Press CSR NEWS」は、株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス)が2004年から提供してきたブログ形式のニュースサイトです。欧米企業の事例から、新興国の動向まで、世界のCSR関連ニュースをお届けしてきました。過去記事はこちらよりご覧下さい。

このページの先頭へ